2017年度中に製造販売承認申請を行う意向

塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試験で主要目的達成

(7/25)

 塩野義製薬は7月24日、開発中の抗インフルエンザ薬であるキャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬(S-033188)が、第3相臨床試験(CAPSTONE-1)で主要目的を達成したと発表した。今回の結果を受けて、2017年度中には製造販売承認申請を行う意向だ。[全文]

今さら聞けないインフルエンザの話

抗ウイルス薬と異常行動に関係はあるのか?

(3/3)

 2月半ば、「中学2年生の男子生徒が転落死」というニュースが報じられました。インフルエンザに罹り、抗ウイルス薬による治療を受けていたそうです。私の周りでは、薬を使っていたので異常行動を起こし、転落してしまったのではないかと受け止める人もいます。はたして、抗ウイルス薬の使用と飛び降りなどの異常行動との間に関係はあるのでしょうか?[全文]

 今シーズンのインフルエンザ脳症の報告が58例に達した。第47週(2016年11月21〜27日)から11週連続で報告されており、2017年第5週(〜2月5日)には11例の報告があった。死亡例は累計で6例となり、死亡の割合は10%を超えている。[全文]

定点入院患者数が1588人、インフル脳症は38例に

インフルエンザ、重症例の報告が増加

(2/7)

 インフルエンザの流行拡大に伴い、重症例の報告も増加している。基幹定点医療機関からの入院患者届出数は、1月29日までの1週間に1588人と増加、昨シーズンのピークを上回った。またインフルエンザ脳症の報告は、第3週に10例と急増した。[全文]

愛知県、埼玉県、千葉県など定点当たり50人超の自治体も相次ぐ

インフルエンザ流行拡大、全国的に警報レベルに

(2/3)

 インフルエンザの流行が拡大している。各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告数(速報)によると、1月29日までの1週間に全国の定点医療機関を受診した患者数は定点当たり39.41人となり、警報レベルの目安とされる30人を超えた。愛知県、埼玉県、千葉県などでは、定点当たり50人を超える大流行となっている。[全文]

バックナンバー

2017年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2016年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2015年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2014年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2013年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2012年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127