今さら聞けないインフルエンザの話

抗ウイルス薬と異常行動に関係はあるのか?

(3/3)

 2月半ば、「中学2年生の男子生徒が転落死」というニュースが報じられました。インフルエンザに罹り、抗ウイルス薬による治療を受けていたそうです。私の周りでは、薬を使っていたので異常行動を起こし、転落してしまったのではないかと受け止める人もいます。はたして、抗ウイルス薬の使用と飛び降りなどの異常行動との間に関係はあるのでしょうか?[全文]

 今シーズンのインフルエンザ脳症の報告が58例に達した。第47週(2016年11月21〜27日)から11週連続で報告されており、2017年第5週(〜2月5日)には11例の報告があった。死亡例は累計で6例となり、死亡の割合は10%を超えている。[全文]

定点入院患者数が1588人、インフル脳症は38例に

インフルエンザ、重症例の報告が増加

(2/7)

 インフルエンザの流行拡大に伴い、重症例の報告も増加している。基幹定点医療機関からの入院患者届出数は、1月29日までの1週間に1588人と増加、昨シーズンのピークを上回った。またインフルエンザ脳症の報告は、第3週に10例と急増した。[全文]

愛知県、埼玉県、千葉県など定点当たり50人超の自治体も相次ぐ

インフルエンザ流行拡大、全国的に警報レベルに

(2/3)

 インフルエンザの流行が拡大している。各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告数(速報)によると、1月29日までの1週間に全国の定点医療機関を受診した患者数は定点当たり39.41人となり、警報レベルの目安とされる30人を超えた。愛知県、埼玉県、千葉県などでは、定点当たり50人を超える大流行となっている。[全文]

 今シーズンのインフルエンザ脳症例が28例に達した。第47週(2016年11月21〜27日)から8週連続で報告されており、2017年第2週には5歳児の死亡例も報告された。死亡報告は2例目となった。感染拡大に伴い重症例も増えていくとみられ、今後も留意する必要がありそうだ。[全文]

バックナンバー

2017年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2016年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2015年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2014年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2013年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2012年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48