今シーズンのインフルエンザ脳症例が22例に達したことが明らかになった。第47週(2016年11月21〜27日)以降、6週連続で報告されており、2017年第1週には今季初の死亡例が報告された。感染拡大に伴い重症例も増えていくとみられ、今後も留意する必要がありそうだ。[全文]

 インフルエンザの流行が全国的に拡大している。国立感染症研究所によると、1月15日までの1週間に全国の定点医療機関を受診した患者は定点当たり15.25人となり、前週の10.58人から増加した。この1週間の新規推定患者数は約99万人で100万人に迫っている。[全文]

 インフルエンザの流行が拡大している。1月8日までの1週間に全国の定点医療機関を受診した患者数は、定点当たりで10.58人となり、注意報レベルの目安である10人を超えた。この時期としては新型インフルエンザが発生した2009/10シーズン以降で2番目に多くなっている。[全文]

 インフルエンザの流行が拡大している。2016年12月25日までの1週間に全国の定点医療機関を受診した患者数は定点当たり8.38人と前週の1.7倍に増加した。新たに富山県、群馬県、秋田県、埼玉県など9都道県で注意報レベルの10人を超え、全域で注意報レベルに達したのは12都道県となった。各自治体は今後、大きな流行へと拡大する可能性があるとし、インフルエンザの予防・拡大防止策の徹底を呼び掛けている。[全文]

富山県、群馬県、秋田県、埼玉県、東京都も

インフルエンザ流行拡大、注意報レベルの自治体相次ぐ

(12/31)

 インフルエンザの流行が拡大している。都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告数(速報)によると、新たに富山県、群馬県、秋田県、埼玉県、東京都などで、12月25日までの1週間の患者数が注意報レベルの定点当たり10人を超えた。各自治体は、今後、大きな流行へと拡大する可能性があるとし、インフルエンザの予防・拡大防止策の徹底を呼び掛けている。[全文]

バックナンバー

2017年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2016年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2015年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2014年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2013年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2012年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0