トレンド◎iPhoneアプリが疫学研究の可能性を広げる

スマホを使ったインフルエンザの疫学研究始動

(03/06)

2016年11月、iPhone用のアプリ「インフルレポート」がリリースされた。このアプリはiPhoneユーザーなら誰でも使えるアプリで、利用者は登録した地域のインフルエンザの流行状況を知ることができる。流行状況のデータは、利用者自身が入力したインフルエンザ罹患歴などのデータに基づく。[全文]

トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も

致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」

(02/10)

急性の重症呼吸不全に対して、一時的に機能不全となった肺の代わりに人工肺で生命を維持する治療法であるECMOが専門医の間で注目を集めている。人工呼吸器管理では救命できないケースを救える最終手段として、現場では治療成績向上に向けた取り組みが進んでいる。[全文]

リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化…

インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念

(12/06)

 今シーズンのインフルエンザ流行は、例年にない早い立ち上がりを見せている。患者数のピークが年末年始に重なり、休日夜間診療所や救急に患者が殺到する懸念も。A(H3N2)亜型(AH3)が主流である一方、低年齢層ではA(H1N1)pdm2009(AH1pdm9)も検出され、高齢者や低年齢層を中心に呼吸器異常や脳症などの重症例に対する備えも欠かせない。[全文]

寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点

インフルエンザ流行入り、A香港型が中心

(12/06)

 昨シーズンにおけるインフルエンザの流行はAH1pdm09とB型が半々であった。今シーズンは今のところ、A香港型(A[H3])が流行の中心となっている。昨年から4価となったワクチンでは、A(H3)株が変更された。[全文]

トレンド◎CDCが2016-2017シーズンの勧奨を取り下げ

インフル用経鼻ワクチンが効かなくなった理由

(09/15)

注目のワクチンとして2003年に米国で登場した、経鼻の弱毒生インフルエンザワクチン(LAIV)の「フルミスト(FluMist Quadrivalent)」。発売当初は15歳以上だった対象年齢が2歳以上に引き下げられたことで乳幼児への接種例が増えた。[全文]

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0