トレンド◎iPhoneアプリが疫学研究の可能性を広げる

スマホを使ったインフルエンザの疫学研究始動

(03/06)

2016年11月、iPhone用のアプリ「インフルレポート」がリリースされた。このアプリはiPhoneユーザーなら誰でも使えるアプリで、利用者は登録した地域のインフルエンザの流行状況を知ることができる。流行状況のデータは、利用者自身が入力したインフルエンザ罹患歴などのデータに基づく。[全文]

トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も

致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」

(02/10)

急性の重症呼吸不全に対して、一時的に機能不全となった肺の代わりに人工肺で生命を維持する治療法であるECMOが専門医の間で注目を集めている。人工呼吸器管理では救命できないケースを救える最終手段として、現場では治療成績向上に向けた取り組みが進んでいる。[全文]

リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化…

インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念

(12/06)

 今シーズンのインフルエンザ流行は、例年にない早い立ち上がりを見せている。患者数のピークが年末年始に重なり、休日夜間診療所や救急に患者が殺到する懸念も。A(H3N2)亜型(AH3)が主流である一方、低年齢層ではA(H1N1)pdm2009(AH1pdm9)も検出され、高齢者や低年齢層を中心に呼吸器異常や脳症などの重症例に対する備えも欠かせない。[全文]

寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点

インフルエンザ流行入り、A香港型が中心

(12/06)

 昨シーズンにおけるインフルエンザの流行はAH1pdm09とB型が半々であった。今シーズンは今のところ、A香港型(A[H3])が流行の中心となっている。昨年から4価となったワクチンでは、A(H3)株が変更された。[全文]

トレンド◎CDCが2016-2017シーズンの勧奨を取り下げ

インフル用経鼻ワクチンが効かなくなった理由

(09/15)

注目のワクチンとして2003年に米国で登場した、経鼻の弱毒生インフルエンザワクチン(LAIV)の「フルミスト(FluMist Quadrivalent)」。発売当初は15歳以上だった対象年齢が2歳以上に引き下げられたことで乳幼児への接種例が増えた。[全文]

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34