このページの本文へ


ESC2008でTRANSCEND試験の結果を発表

ESC2008でTRANSCEND試験の結果を発表

 8月31日、TRANSCEND(Telmisartan Randomized AssessmeNT Study in ACE-INtolerant Subjects with Cardiovascular Disease)試験の結果がHOT LINE Iで発表された。演者であるカナダ・マクマスター大のKoon K. Teo氏は(写真)、心血管イベントの高リスク患者において、テルミサルタンが心血管死、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中からなる心血管複合エンドポイントを有意に抑制したと報告した。

ACE阻害薬に忍容性のない患者を対象に心血管イベント抑制効果を評価

 TRANSCEND(Telmisartan Randomized Assessment Study in acevin tolerant subjects with cardiovascular Disease)試験のデザインは、ACE阻害薬に忍容性のない患者を対象とし、テルミサルタンの心血管イベント抑制効果を主要評価項目として、テルミサルタンのプラセボに対する優越性を検討した。


ログインしていません

治療薬インデックス

アクセスランキングmore

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける?
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮
  7. そのまま、動かすな!
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しない」
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例