心不全患者へのロサルタン高用量投与で10%イベントが減少

心不全患者へのロサルタン高用量投与で10%イベントが減少

 心不全患者に対するアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)ロサルタンの中用量(50mg/日)投与と高用量(150mg/日)投与の心血管イベント抑制効果を比較する大規模臨床試験HEAAL試験の結果が、今年11月に米フロリダ州オーランドで開催された米国心臓協会年次学術集会(AHA2009)で発表された。

ロサルタンによる心不全治療効果の用量反応性を検証

ロサルタンによる心不全治療効果の用量反応性を検証

 HEAAL(The Heart failure Endpoint evaluation of Angiotensin II Antagonist Losartan)研究は、心不全患者に対するアンジオテンシン?受容体拮抗薬(ARB)ロサルタンの心血管イベント抑制効果と、その用量反応性を検討する大規模臨床試験である。世界30カ国の255施設から、3846例が登録された。

増量による心不全の改善効果がロサルタンで確認された

増量による心不全の改善効果がロサルタンで確認された

 心不全の患者さんに対して、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)を使う場合、できるだけ高用量を目指して増量していく方が改善効果は大きい。多くの試験で指摘されていることが、今回、ロサルタンについても確かめられた。これがHEAAL試験の最も大きな成果だろう。


お知らせ

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 自治体の権限強化で医師の地域偏在は解消するか リポート◎医師偏在対策に向けた医師法・医療法改正案が成立へ FBシェア数:30
  2. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  3. ミッション:高齢患者の救急搬送を回避せよ 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《プロローグ》 FBシェア数:115
  4. 「めまいの原因は何?」澄んだ心で耳を傾けよう 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:26
  5. 頭痛の問診を見れば医師の能力が分かる 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:84
  6. 遠隔画像診断を導入! 弱点は意外なところに 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:6
  7. 腎機能の検査の遅れが透析導入や死亡早めた 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:28
  8. 降圧目標の素案が示され活発な議論 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:25
  9. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:50
  10. 40歳代女性の慢性心不全、何を疑うか? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正