このページの本文へ


軽症心不全患者に対するエプレレノン投与は心血管死や心不全による入院を抑制

 国内外の慢性心不全ガイドラインでは、RA系阻害薬やループ利尿薬、β遮断薬が投与されている心不全患者に対して抗アルドステロン薬の追加投与が推奨されているが、これは重症患者のみを対象としている。

EMPHASIS-HF Study ──試験デザイン

軽症心不全例に対する抗アルドステロン薬エプレレノン上乗せ効果を評価

 日本循環器学会が示している「慢性心不全治療ガイドライン」では、経口心不全治療薬の選択は、全ての患者に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、有症状患者に対するβ遮断薬、うっ血症状がある患者に対するループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬が推奨されている。


ログインしていません

治療薬インデックス

アクセスランキングmore

  1. 78歳女性。腹部の線状紅斑
  2. 体重増加前に心不全増悪の予兆をどう察知する?
  3. 胸腔ドレーン挿入の理想と現実
  4. 24歳女性。全身の皮疹、発熱
  5. あなたのお金、働き者にさせませんか?
  6. 腎機能の検査の遅れが透析導入や死亡早めた
  7. 「めまいの原因は何?」澄んだ心で耳を傾けよう
  8. 新規オピオイド製剤の注射薬、経口薬に続き登場
  9. 自治体の権限強化で医師の地域偏在は解消するか
  10. ミッション:高齢患者の救急搬送を回避せよ