このページの本文へ


軽症心不全患者に対するエプレレノン投与は心血管死や心不全による入院を抑制

 国内外の慢性心不全ガイドラインでは、RA系阻害薬やループ利尿薬、β遮断薬が投与されている心不全患者に対して抗アルドステロン薬の追加投与が推奨されているが、これは重症患者のみを対象としている。

EMPHASIS-HF Study ──試験デザイン

軽症心不全例に対する抗アルドステロン薬エプレレノン上乗せ効果を評価

 日本循環器学会が示している「慢性心不全治療ガイドライン」では、経口心不全治療薬の選択は、全ての患者に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、有症状患者に対するβ遮断薬、うっ血症状がある患者に対するループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬が推奨されている。


ログインしていません

治療薬インデックス

アクセスランキングmore

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表
  5. どの株を持っているか?それは教えられません
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも…
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者も
  10. ナースが女になる瞬間?