このページの本文へ


軽症心不全患者に対するエプレレノン投与は心血管死や心不全による入院を抑制

 国内外の慢性心不全ガイドラインでは、RA系阻害薬やループ利尿薬、β遮断薬が投与されている心不全患者に対して抗アルドステロン薬の追加投与が推奨されているが、これは重症患者のみを対象としている。

EMPHASIS-HF Study ──試験デザイン

軽症心不全例に対する抗アルドステロン薬エプレレノン上乗せ効果を評価

 日本循環器学会が示している「慢性心不全治療ガイドライン」では、経口心不全治療薬の選択は、全ての患者に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、有症状患者に対するβ遮断薬、うっ血症状がある患者に対するループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬が推奨されている。


ログインしていません

治療薬インデックス

アクセスランキングmore

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安?
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK?
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる!
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は…
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール