このページの本文へ


軽症心不全患者に対するエプレレノン投与は心血管死や心不全による入院を抑制

 国内外の慢性心不全ガイドラインでは、RA系阻害薬やループ利尿薬、β遮断薬が投与されている心不全患者に対して抗アルドステロン薬の追加投与が推奨されているが、これは重症患者のみを対象としている。

EMPHASIS-HF Study ──試験デザイン

軽症心不全例に対する抗アルドステロン薬エプレレノン上乗せ効果を評価

 日本循環器学会が示している「慢性心不全治療ガイドライン」では、経口心不全治療薬の選択は、全ての患者に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、有症状患者に対するβ遮断薬、うっ血症状がある患者に対するループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬が推奨されている。


ログインしていません

治療薬インデックス

アクセスランキングmore

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2)
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確認
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と
  10. ガイドライン外来診療◆貧血