このページの本文へ


軽症心不全患者に対するエプレレノン投与は心血管死や心不全による入院を抑制

 国内外の慢性心不全ガイドラインでは、RA系阻害薬やループ利尿薬、β遮断薬が投与されている心不全患者に対して抗アルドステロン薬の追加投与が推奨されているが、これは重症患者のみを対象としている。

EMPHASIS-HF Study ──試験デザイン

軽症心不全例に対する抗アルドステロン薬エプレレノン上乗せ効果を評価

 日本循環器学会が示している「慢性心不全治療ガイドライン」では、経口心不全治療薬の選択は、全ての患者に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、有症状患者に対するβ遮断薬、うっ血症状がある患者に対するループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬が推奨されている。


ログインしていません

治療薬インデックス

アクセスランキングmore

  1. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」
  2. キャラクターで抗菌薬を覚える!?
  3. 39歳男性。両下肢のしびれ、痛み
  4. 立て続けにレセプト査定、今講じるべき対策は?
  5. ビギナーの助手は「術野展開」への専念が大切
  6. CKDの原因に便秘 便秘薬に腎保護作用
  7. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ
  8. 地裁が「パワハラで解雇は無効」
  9. 再発膀胱癌で生じた発汗、動悸、呼吸困難
  10. 超拡大内視鏡とAIの活用で大腸癌リンパ節転移の予測精度が上がる