このページの本文へ


軽症心不全患者に対するエプレレノン投与は心血管死や心不全による入院を抑制

 国内外の慢性心不全ガイドラインでは、RA系阻害薬やループ利尿薬、β遮断薬が投与されている心不全患者に対して抗アルドステロン薬の追加投与が推奨されているが、これは重症患者のみを対象としている。

EMPHASIS-HF Study ──試験デザイン

軽症心不全例に対する抗アルドステロン薬エプレレノン上乗せ効果を評価

 日本循環器学会が示している「慢性心不全治療ガイドライン」では、経口心不全治療薬の選択は、全ての患者に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、有症状患者に対するβ遮断薬、うっ血症状がある患者に対するループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬が推奨されている。


ログインしていません

治療薬インデックス

アクセスランキングmore

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安?
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの道
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出