このページの本文へ


軽症心不全患者に対するエプレレノン投与は心血管死や心不全による入院を抑制

 国内外の慢性心不全ガイドラインでは、RA系阻害薬やループ利尿薬、β遮断薬が投与されている心不全患者に対して抗アルドステロン薬の追加投与が推奨されているが、これは重症患者のみを対象としている。

EMPHASIS-HF Study ──試験デザイン

軽症心不全例に対する抗アルドステロン薬エプレレノン上乗せ効果を評価

 日本循環器学会が示している「慢性心不全治療ガイドライン」では、経口心不全治療薬の選択は、全ての患者に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、有症状患者に対するβ遮断薬、うっ血症状がある患者に対するループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬が推奨されている。


ログインしていません

治療薬インデックス

アクセスランキングmore

  1. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力
  3. オペ時の血糖はやはり7%まで下げるべき?
  4. 21歳女性、突然の腹痛の原因は心臓にあった!
  5. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉
  6. 潰瘍性大腸炎に初の体外診断薬、その実力は?
  7. 自分の家で、この子を抱きしめて川の字で寝たい
  8. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効?
  9. 主訴「ちんちん痒い」
  10. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ