このページの本文へ


軽症心不全患者に対するエプレレノン投与は心血管死や心不全による入院を抑制

 国内外の慢性心不全ガイドラインでは、RA系阻害薬やループ利尿薬、β遮断薬が投与されている心不全患者に対して抗アルドステロン薬の追加投与が推奨されているが、これは重症患者のみを対象としている。

EMPHASIS-HF Study ──試験デザイン

軽症心不全例に対する抗アルドステロン薬エプレレノン上乗せ効果を評価

 日本循環器学会が示している「慢性心不全治療ガイドライン」では、経口心不全治療薬の選択は、全ての患者に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、有症状患者に対するβ遮断薬、うっ血症状がある患者に対するループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬が推奨されている。


ログインしていません

治療薬インデックス

アクセスランキングmore

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患?
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません!
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前?
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う?
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能