このページの本文へ


軽症心不全患者に対するエプレレノン投与は心血管死や心不全による入院を抑制

 国内外の慢性心不全ガイドラインでは、RA系阻害薬やループ利尿薬、β遮断薬が投与されている心不全患者に対して抗アルドステロン薬の追加投与が推奨されているが、これは重症患者のみを対象としている。

EMPHASIS-HF Study ──試験デザイン

軽症心不全例に対する抗アルドステロン薬エプレレノン上乗せ効果を評価

 日本循環器学会が示している「慢性心不全治療ガイドライン」では、経口心不全治療薬の選択は、全ての患者に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、有症状患者に対するβ遮断薬、うっ血症状がある患者に対するループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬が推奨されている。


ログインしていません

治療薬インデックス

アクセスランキングmore

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた
  3. 何気ない言葉の効果
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る