脳梗塞患者においてシロスタゾールの脳卒中再発予防効果が大規模試験CSPS IIで証明

脳梗塞患者においてシロスタゾールの脳卒中再発予防効果が大規模試験CSPS IIで証明

 脳梗塞患者の脳卒中再発予防における抗血小板薬シロスタゾールの有用性を世界で最もよく使用されているアスピリンと比較検討した大規模臨床試験CSPS(Cilostazol Stroke Prevention Study)IIの結果が発表された。シロスタゾールのアスピリンに対する非劣性が証明されたばかりか、シロスタゾール投与群で脳卒中再発リスクが26%有意に低下し、出血リスクが54%有意に低下するなど、その有効性および安全性が明らかになった。成果は、主任研究者である立川病院院長の篠原幸人氏が、2月24日から26日まで米サンアントニオで開催された国際脳卒中学会(ISC2010)のLate-Breaking Science Sessionで発表した。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:319
  2. インフルエンザ治癒証明に意義なし REPORT FBシェア数:983
  3. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:6
  4. 最悪の事態は油断とともにやってくる 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
  5. 時代とともに失われたナースのスキル 病院珍百景 FBシェア数:23
  6. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:70
  7. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:225
  8. 血糖管理はHbA1cを見るだけでは不十分 リポート◎糖尿病の新管理指標「血糖トレンド」に注目集まる FBシェア数:855
  9. 「無診察リハ」で2年分の診療報酬を自主返還 クリニック事件簿 FBシェア数:287
  10. 放射線アブレーションによる心室頻拍治療 NEJM誌から FBシェア数:61
医師と医学研究者におすすめの英文校正