【座談会】

AFへのイルベサルタン投与は心不全による入院を減少

AFに合併頻度の高い脳卒中や心不全に対する影響を検討したACTIVE I試験

 血管イベントのリスク因子を持つ心房細動(AF)患者に対するARB イルベサルタンの心血管イベント抑制効果を検証した大規模臨床試験ACTIVE I の成績が『New England Journal of Medicine』誌で報告された。一次評価項目では、イルベサルタン群とプラセボ群との間で有意差が示されなかったが、二次評価項目の「心不全による入院」ではイルベサルタン群で有意な減少が認められた。今回、ACTIVE I 執行委員会のメンバーであるハーバード大学教授のMarc A. Pfeffer氏と、我が国の循環器エキスパートである大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学教授の小室一成氏、熊本大学大学院生命科学研究部医学系生体機能薬理学教授の光山勝慶氏に、ACTIVE I

AFに対するイルベサルタンの心血管イベント抑制効果を評価

AFに対するイルベサルタンの心血管イベント抑制効果を評価

 ACTIVE Iは、血管イベントリスクを持つ心房細動患者(AF患者)を対象に、血管イベントの抑制効果を検証するACTIVEプログラム(Atrial Fibrillation Clopidogrel Trial with Irbesartan for Prevention of Vascular Events)に組み込まれた臨床試験だ。

お知らせ

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1