• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
News Insight pad
 近年、高齢化社会などを背景にPAD(末梢動脈疾患)が増加しているが、重症虚血肢となると治療が困難なことも多く、予後も極めて不良となる。従って、早期発見・早期治療が非常に大切であり、そのためには関連する診療科の連携も重要となる。そこで、医療法人厚生会虹が丘病院血管外科部長の西活央氏に、PADに対する治療の実際や、医療連携の取り組みについて、お話をうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 間欠跛行を呈する疾患には、神経性の腰部脊柱管狭窄症(LCS)と血管性の末梢動脈疾患(PAD)があり、最近は両疾患を合併している患者が多いことも明らかになってきた。そこで、腰下肢痛に対する診断の問題点とそのQOLを改善する治療の実際について、美濃市立美濃病院整形外科医長の中村正生氏(写真)にうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 PAD(末梢動脈疾患)に対する治療では、薬物療法、血管内治療、外科治療のそれぞれのメリットを考慮して、患者さんに最も適した治療法を選択することが重要となる。そこで、東京逓信病院外科医長の北川剛氏(写真)に、PAD患者の動向や診断・治療の実際についてうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 末梢動脈疾患(PAD)に対する積極的治療としては、バイパス術と血管内治療に加え、近年、血管再生治療が注目されている。そこで、血管内治療と血管再生治療の両方を行っている神戸市立医療センター中央市民病院循環器内科医長の木下愼氏に、PADの診断と治療の実際、さらに血管再生治療の現状についてうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 PAD(末梢動脈疾患)に対する積極的治療としては、バイパス術と血管内治療があり、その適応には議論が多い。そこで、バイパス術と血管内治療の両方を行っている三楽病院外科科長の久保淑幸氏(写真)に、PADの診断と治療の実際についてうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

バックナンバー

2010年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2009年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2008年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466