• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
News Insight pad
 近年、高齢化社会などを背景にPAD(末梢動脈疾患)が増加しているが、重症虚血肢となると治療が困難なことも多く、予後も極めて不良となる。従って、早期発見・早期治療が非常に大切であり、そのためには関連する診療科の連携も重要となる。そこで、医療法人厚生会虹が丘病院血管外科部長の西活央氏に、PADに対する治療の実際や、医療連携の取り組みについて、お話をうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 間欠跛行を呈する疾患には、神経性の腰部脊柱管狭窄症(LCS)と血管性の末梢動脈疾患(PAD)があり、最近は両疾患を合併している患者が多いことも明らかになってきた。そこで、腰下肢痛に対する診断の問題点とそのQOLを改善する治療の実際について、美濃市立美濃病院整形外科医長の中村正生氏(写真)にうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 PAD(末梢動脈疾患)に対する治療では、薬物療法、血管内治療、外科治療のそれぞれのメリットを考慮して、患者さんに最も適した治療法を選択することが重要となる。そこで、東京逓信病院外科医長の北川剛氏(写真)に、PAD患者の動向や診断・治療の実際についてうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 末梢動脈疾患(PAD)に対する積極的治療としては、バイパス術と血管内治療に加え、近年、血管再生治療が注目されている。そこで、血管内治療と血管再生治療の両方を行っている神戸市立医療センター中央市民病院循環器内科医長の木下愼氏に、PADの診断と治療の実際、さらに血管再生治療の現状についてうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 PAD(末梢動脈疾患)に対する積極的治療としては、バイパス術と血管内治療があり、その適応には議論が多い。そこで、バイパス術と血管内治療の両方を行っている三楽病院外科科長の久保淑幸氏(写真)に、PADの診断と治療の実際についてうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

バックナンバー

2010年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2009年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2008年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127