• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
News Report
 一般的な脳卒中の危険因子とは別に、性別特異的な危険因子を同定するために、系統的レビューとメタ分析を実施したオランダUtrecht大学医療センターのMichiel H. F. Poorthuis氏らは、女性では妊娠高血圧症などが、男性ではアンドロゲン抑制療法などが脳卒中の危険因子になり得ることを報告した。詳細は、JAMA Neurology誌電子版に2016年11月14日に掲載された。(記事全文を読む)

 抗凝固薬を用いた治療についての不満や不安で大きいと考えられるものについて患者400人に聞いた。最も回答数が多かったのは「定期的に医療機関の受診が必要」(55.5%)で、2位以降は「ずっと薬を飲み続けなければいけない」(53.3%)、「毎日薬を服用しなければならない」(49.8%)と続き、生命を脅かす頭蓋内出血や大出血の発現などを想定した「出血の副作用が心配である」は41.0%で第4位だった(記事全文を読む)

 心房細動患者に対する抗凝固薬を使った治療について、抗凝固薬を服用中の患者400人、抗凝固薬を処方している医師263人に対し、それぞれWEB調査を行ったところ、患者の約7割が「薬を処方されるときには、決定前に複数の治療選択肢について説明を聞きたい」と回答したことなどが明らかになった。(記事全文を読む)

「この薬局は、何回同じことを言わせるんだよ!」こんなことを言われた経験、ありませんか。もちろん患者さんからですよ!指導官からこんなこと言われたとしたら、かなりヘコミますよね……。まぁ、患者さんから言われてもヘコむのですが……(グスン)。(記事全文を読む)

 厚生労働省の医薬・生活衛生局医薬品審査管理課は2016年11月25日、11月18日に発売された降圧3成分を含むミカトリオ配合錠(一般名テルミサルタン・アムロジピンベシル酸塩・ヒドロクロロチアジド)について、適正使用の指針を発出した。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153