• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
News Insight hcp
 急性期脳梗塞患者において、血管内治療と血管内治療と血栓溶解(tPA)静注療法を無作為化臨床試験によって比較した8論文をメタ解析した結果、3カ月のmRSでは血管内治療がtPA静注療法より有意であることが示された。ただし、3カ月の生存率、症候性脳出血には有意差を認めなかった。(記事全文を読む)

 NIHSS≧20の重症脳卒中患者では、tPA静注療法後の血管内治療に機能予後改善が示唆されることが報告された。IMS IIIとMR CLEAN試験のプール解析で明らかになったもので、IMS III研究グループの米UC神経科学研究所のJoseph P. Broderick氏が、国際脳卒中学会(ISC 2015:International Stroke Conference 2015、2月11〜13日、米ナッシュビル)で報告した。(記事全文を読む)

 MR CLEAN試験の結果を治療時間と治療効果の関係で解析した結果、発症から再灌流までの時間(TOR)と治療効果に有意な相関が見られ、発症から治療までの時間(TOT)にも有意ではなかったが相関が示唆された。(記事全文を読む)

 オランダで実施されたMR CLEAN試験では、急性期脳梗塞患者における発症6時間以内の血管内治療の有効性が示された。この試験において利益を得るための必要治療数(NNTB)、害に至る治療必要数(NNTH)を解析したところ、血管内治療は、患者7人につき機能障害がない転帰を1人増やし、患者3〜5人につき機能障害の少ない転帰を1人増やすことなどが明らかになった。(記事全文を読む)

 頸動脈解離急性期(発症から1週以内)の患者において、抗血小板薬と抗凝固薬の脳卒中抑制効果を比較検討したところ、両薬で再発抑制に差を認めないことが示された。CADISS試験の成果で、英国・ケンブリッジ大学のHugh S Markus氏が、国際脳卒中学会(ISC 2015:International Stroke Conference 2015、2月11〜13日、米ナッシュビル)で発表された。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 自治体の権限強化で医師の地域偏在は解消するか リポート◎医師偏在対策に向けた医師法・医療法改正案が成立へ FBシェア数:30
  2. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  3. ミッション:高齢患者の救急搬送を回避せよ 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《プロローグ》 FBシェア数:115
  4. 「めまいの原因は何?」澄んだ心で耳を傾けよう 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:26
  5. 頭痛の問診を見れば医師の能力が分かる 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:84
  6. 遠隔画像診断を導入! 弱点は意外なところに 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:6
  7. 腎機能の検査の遅れが透析導入や死亡早めた 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:28
  8. 降圧目標の素案が示され活発な議論 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:25
  9. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:50
  10. 40歳代女性の慢性心不全、何を疑うか? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正