• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
News Insight hcp
 急性期脳梗塞患者において、血管内治療と血管内治療と血栓溶解(tPA)静注療法を無作為化臨床試験によって比較した8論文をメタ解析した結果、3カ月のmRSでは血管内治療がtPA静注療法より有意であることが示された。ただし、3カ月の生存率、症候性脳出血には有意差を認めなかった。(記事全文を読む)

 NIHSS≧20の重症脳卒中患者では、tPA静注療法後の血管内治療に機能予後改善が示唆されることが報告された。IMS IIIとMR CLEAN試験のプール解析で明らかになったもので、IMS III研究グループの米UC神経科学研究所のJoseph P. Broderick氏が、国際脳卒中学会(ISC 2015:International Stroke Conference 2015、2月11〜13日、米ナッシュビル)で報告した。(記事全文を読む)

 MR CLEAN試験の結果を治療時間と治療効果の関係で解析した結果、発症から再灌流までの時間(TOR)と治療効果に有意な相関が見られ、発症から治療までの時間(TOT)にも有意ではなかったが相関が示唆された。(記事全文を読む)

 オランダで実施されたMR CLEAN試験では、急性期脳梗塞患者における発症6時間以内の血管内治療の有効性が示された。この試験において利益を得るための必要治療数(NNTB)、害に至る治療必要数(NNTH)を解析したところ、血管内治療は、患者7人につき機能障害がない転帰を1人増やし、患者3〜5人につき機能障害の少ない転帰を1人増やすことなどが明らかになった。(記事全文を読む)

 頸動脈解離急性期(発症から1週以内)の患者において、抗血小板薬と抗凝固薬の脳卒中抑制効果を比較検討したところ、両薬で再発抑制に差を認めないことが示された。CADISS試験の成果で、英国・ケンブリッジ大学のHugh S Markus氏が、国際脳卒中学会(ISC 2015:International Stroke Conference 2015、2月11〜13日、米ナッシュビル)で発表された。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14