• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
News Insight hcp
 急性期脳梗塞患者において、血管内治療と血管内治療と血栓溶解(tPA)静注療法を無作為化臨床試験によって比較した8論文をメタ解析した結果、3カ月のmRSでは血管内治療がtPA静注療法より有意であることが示された。ただし、3カ月の生存率、症候性脳出血には有意差を認めなかった。(記事全文を読む)

 NIHSS≧20の重症脳卒中患者では、tPA静注療法後の血管内治療に機能予後改善が示唆されることが報告された。IMS IIIとMR CLEAN試験のプール解析で明らかになったもので、IMS III研究グループの米UC神経科学研究所のJoseph P. Broderick氏が、国際脳卒中学会(ISC 2015:International Stroke Conference 2015、2月11〜13日、米ナッシュビル)で報告した。(記事全文を読む)

 MR CLEAN試験の結果を治療時間と治療効果の関係で解析した結果、発症から再灌流までの時間(TOR)と治療効果に有意な相関が見られ、発症から治療までの時間(TOT)にも有意ではなかったが相関が示唆された。(記事全文を読む)

 オランダで実施されたMR CLEAN試験では、急性期脳梗塞患者における発症6時間以内の血管内治療の有効性が示された。この試験において利益を得るための必要治療数(NNTB)、害に至る治療必要数(NNTH)を解析したところ、血管内治療は、患者7人につき機能障害がない転帰を1人増やし、患者3〜5人につき機能障害の少ない転帰を1人増やすことなどが明らかになった。(記事全文を読む)

 頸動脈解離急性期(発症から1週以内)の患者において、抗血小板薬と抗凝固薬の脳卒中抑制効果を比較検討したところ、両薬で再発抑制に差を認めないことが示された。CADISS試験の成果で、英国・ケンブリッジ大学のHugh S Markus氏が、国際脳卒中学会(ISC 2015:International Stroke Conference 2015、2月11〜13日、米ナッシュビル)で発表された。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335