• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
News Insight hcp
 急性期脳梗塞患者において、血管内治療と血管内治療と血栓溶解(tPA)静注療法を無作為化臨床試験によって比較した8論文をメタ解析した結果、3カ月のmRSでは血管内治療がtPA静注療法より有意であることが示された。ただし、3カ月の生存率、症候性脳出血には有意差を認めなかった。(記事全文を読む)

 NIHSS≧20の重症脳卒中患者では、tPA静注療法後の血管内治療に機能予後改善が示唆されることが報告された。IMS IIIとMR CLEAN試験のプール解析で明らかになったもので、IMS III研究グループの米UC神経科学研究所のJoseph P. Broderick氏が、国際脳卒中学会(ISC 2015:International Stroke Conference 2015、2月11〜13日、米ナッシュビル)で報告した。(記事全文を読む)

 MR CLEAN試験の結果を治療時間と治療効果の関係で解析した結果、発症から再灌流までの時間(TOR)と治療効果に有意な相関が見られ、発症から治療までの時間(TOT)にも有意ではなかったが相関が示唆された。(記事全文を読む)

 オランダで実施されたMR CLEAN試験では、急性期脳梗塞患者における発症6時間以内の血管内治療の有効性が示された。この試験において利益を得るための必要治療数(NNTB)、害に至る治療必要数(NNTH)を解析したところ、血管内治療は、患者7人につき機能障害がない転帰を1人増やし、患者3〜5人につき機能障害の少ない転帰を1人増やすことなどが明らかになった。(記事全文を読む)

 頸動脈解離急性期(発症から1週以内)の患者において、抗血小板薬と抗凝固薬の脳卒中抑制効果を比較検討したところ、両薬で再発抑制に差を認めないことが示された。CADISS試験の成果で、英国・ケンブリッジ大学のHugh S Markus氏が、国際脳卒中学会(ISC 2015:International Stroke Conference 2015、2月11〜13日、米ナッシュビル)で発表された。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1