• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
News Insight hcp
 国際脳卒中学会(ISC2012)が、2012年2月に米ニューオーリンズで開催され、血管内治療と内科療法の両面から、注目される報告が行われた。それらを日本人の脳卒中治療に、どう活かしていくべきか、学会に参加された専門家の方々にお集まりいただき、討議していただいた(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 日本人の脳梗塞患者を対象に、シロスタゾールとアスピリンを比較したCSPS II(Cilostazol Stroke Prevention Study II)の結果が、2010年2月に米国で開催された国際脳卒中学会(ISC2010)で発表された。脳卒中と出血性イベントの発症に関して、シロスタゾール群で有意なリスクの減少がみられたため、CSPS IIの成績は今後の脳卒中治療に大きな影響をおよぼすと考えられる。そこで、脳卒中治療のスペシャリストにお集まりいただき、CSPS IIの成績とそのサブ解析の結果について、ご討論いただいた(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

CSPS IIの試験結果を受けて、今後の抗血小板療法のあり方が注目されている。そこで、リスクとベネフィットを考慮した抗血小板療法の実際について、東海大学医学部循環器内科教授の後藤信哉氏(写真)にうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 現在、脳卒中治療に関する抗血小板療法において、出血性合併症を抑制することの重要性が問われている。そこで、ベネフィットとリスクを考慮した抗血小板療法の実際について、富山大学附属病院神経内科教授の田中耕太郎氏にうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 脳梗塞再発抑制には抗血小板薬が汎用されている。しかし、抗血小板薬には出血性合併症といった副作用が存在するため、患者の病態を把握した上で慎重に投与する必要がある。そこで、リスクとベネフィットを考慮した脳梗塞再発抑制の治療戦略について、国立循環器病研究センターの豊田一則氏にうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1