• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
News Insight hcp
 脳卒中治療の最新の研究成果を報告し、意見を交わす国際脳卒中会議、ISC2013(International Stroke Conference 2013)が、2013年2月6〜8日、ハワイのホノルルで開催された。わが国からも多くの脳卒中医が参加し、研究成果を報告した。ここでは注目されるCATHARSIS、IDEALCAST、RESCUE-Japan Registryの3研究について演者の先生方にお集まりいただき、報告内容をご紹介いただくとともに意見を交換していただいた。さらに、海外の大規模臨床試験の結果についても紹介していただいた(日経メディカル別冊編集)。(記事全文を読む)

 脳梗塞の急性期・慢性期それぞれで様々な治療アプローチが模索されている。ここでは、頭蓋内および頭蓋外動脈狭窄症に対する治療を中心に、脳梗塞の新しい治療の展開と今後の課題について、3人の脳神経外科専門医に話し合っていただいた(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 脳梗塞の再発予防では抗血栓治療の有効性が認められているが、最近の研究は脳梗塞の各病型に適した治療薬を探索する方向に進んでいる。一般に心原性脳塞栓に対しては抗凝固薬、非心原性脳塞栓に対しては抗血小板薬が適応とされているが、アテローム血栓性脳梗塞とラクナ梗塞のそれぞれに対して、どのような抗血小板薬を使用すべきかについては、まだ明確な結論は得られていない。なかでも日本で発症率の高いラクナ梗塞は、易出血性、多発性であり、認知機能を低下させやすいことが指摘されており、有効な対策が求められている。そこで、北米と日本における脳梗塞研究のエキスパートに、脳梗塞の現状と対策を、ラクナ梗塞を中心に討論していただ(記事全文を読む)

 頸動脈狭窄症の治療において、頸動脈ステント留置術(CAS ;carotid artery stenting) と頸動脈内膜剥離術(CEA;carotid endarterectomy)を比較した北米の大規模臨床試験CREST (Carotid Revascularization Endarterectomy vs Stenting Trial) の層別解析の結果が、2011年2月に米国・ロサンゼルスで開催された国際脳卒中会議2011(ISC2011)で報告された。この結果は、わが国の頸動脈狭窄症治療に対して、どのような意味をもつのか。ISC2011終了後に、脳卒中の内科治療を専門とする峰松一夫氏と脳血管内治療を専門とする坂井信幸氏に話し合っていただいた(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 脳卒中慢性期の治療においては、再発予防とともに誤嚥性肺炎の予防も非常に重要な課題である。誤嚥性肺炎は、脳卒中後の日常生活に支障をきたし、予後悪化要因の1つでもある。そこで本座談会では、誤嚥性肺炎の予防を積極的に行っている専門医にお集まりいただき、脳梗塞慢性期における誤嚥性肺炎の疫学と予防の実際についてお話をうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

バックナンバー

2010年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2009年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2008年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54