• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
News Insight ac
 ヒトレラキシン2の遺伝子組み換え型蛋白質「serelaxin」を急性心不全患者に投与したところ、退院後180日間の死亡が有意に減少した。これは、欧米数カ国の研究者らが行った二重盲検、プロスペクティブ、多施設無作為化プラセボ対照試験「RELAX-AHF試験」の結果であり、J Am Coll Cardiol誌10月号に掲載された。(記事全文を読む)

 ADVANCE(Action in Diabetes and Vascular Disease: Preterax and Diamicron Modified Release Controlled Evaluation)試験の追跡研究であるADVANCE-ON試験の結果が9月19日にN Engl J Med誌に掲載された。(記事全文を読む)

 アンジオテンシン受容体阻害とネプリライシン阻害薬の2つの作用からなる新規薬剤LCZ696は、駆出率の低下した心不全患者の死亡と心不全による入院リスクの低減において、 ACE阻害薬エナラプリルよりも優れていた。この結果は、N Eng J Med誌9月11日号に掲載された。(記事全文を読む)

 心血管リスクの高い高齢集団において、血清カルシウム値の上昇と2型糖尿病の発症リスクに関連が見られることが、スペインで実施されたPREDIMED試験の患者のデータを用いたプロスペクティブ研究で明らかにされた。この結果は、Diabetes Care誌8月19日号オンライン版に掲載された。(記事全文を読む)

 置換術で留置した大動脈生体弁の機能不全に対する低侵襲治療としてTAVVI(経カテーテル大動脈バルブ・イン・バルブ植え込み術)が施行されている。今回初めて包括的に1年全生存率を調査したところ、83.2%だった。1年以内の死亡と関連する因子は小径の生体弁、TAVVI前の弁狭窄であることも判明した。この結果は、JAMA誌7月9日号に掲載された。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正