連載: 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論

連載の紹介

時間との闘いである救急医療は患者到着前、すなわち救急隊からの病院連絡時から始まる。救急隊の情報を基に原因疾患を臨床推論し、患者到着と同時に適切な対応を提供する−−。この目標を達成するために必要となる「救急ならではの思考プロセス」を、救急医の望月氏が独自作成した「二次元鑑別リスト」で見える化する。

著者プロフィール

望月礼子(自治医科大学救急医学・非常勤医員)●もちづきれいこ氏。2007年大分大卒。自治医科大学附属病院の初期研修で臨床推論の奥深さに触れ、疾患の宝庫である救急へ。今後の夢は、緊急度・重症度の評価で重要な「レッドフラッグ」を救急隊や離島医療、一般市民に広めること。南極で皇帝ペンギンと語り合うこと。救急科専門医。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新制度、おまえはもう… 思案橋に夜9時でよかですか? FBシェア数:37
  2. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:67
  3. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:72
  5. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:33
  6. 働き方改革とは働き方の多様性を認めること シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:35
  7. 血糖値スパイクが発覚した意外な食事 堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」 FBシェア数:174
  8. 慢性便秘に対する大建中湯の効果を検証する試験が進… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:86
  9. HER2陽性進行乳癌への毒性を軽減したエリブリン… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:23
  10. 一酸化炭素中毒の後遺症をMRIで予測する JAMA Neurology誌から FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正