一覧

ガイドライン外来診療2009

社会不安障害

  • 東京厚生年金病院 神経科・心療内科 部長 大坪 天平

診断

  • SAD(社会不安障害)患者は人前で恥をかいたり、当惑したりすることに過剰に恐怖を抱くあまり、そのような社会的状況を回避し、そのために社会生活や対人関係が障害されている。
  • 人前でのパフォーマンスや相互交流の社会的状況では、パニック発作症状、つまり、動悸、振戦、赤面、発汗過多、尿意頻回などの身体症状が出現する。
  • SAD患者は、恐怖が過剰であり、不合理であることを自覚している。
  • ほとんどの社会的状況に過度の恐怖を抱いているSADを「全般型」、1つか2つの限られた状況のみで症状を示すものを「非全般型」とする2つのサブタイプに大別される。
  • SADには他の不安障害や大うつ病の併存が多い。
  • SADのほとんどは小児期後半から青年期に発症するが、ときに成人になって、パフォーマンスの失敗を契機に発症することもある。

治療

  • 治療開始に当たって、十分なサイコエデュケーションを行ったうえで、患者の希望を聞くことが重要である。
  • 治療は大きく薬物療法(SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が第1選択薬)と認知行動療法に分けられる。
  • わが国でSADに保険適用があるSSRIはフルボキサミンマレイン酸塩(ルボックス®など)のみである。効果発現以降、最低1年はSSRIの服用を継続する。
  • ベンゾジアゼピン系抗不安薬(アルプラゾラム〈ソラナックス®など〉*、クロナゼパム〈リボトリール®など〉*)は、依存形成やアルコールとの相互作用、傾眠、ふらつきに注意しながら、治療開始初期のみの使用とするか、頓服的使用に抑える。
  • *保険適用注意

処方例

    (いずれかを選択)

  • ルボックス錠(50mg) 3錠 分3 食後
  • 25mg/日から開始し、漸増する。服用初期の嘔気、胃部不快感などの副作用に備え、患者の希望によってはナウゼリンやガスモチンを併用する。
  • ソラナックス錠*(0.4mg) 1錠 不安時頓用
  • SSRIの効果が発現するまでの、治療開始初期のみの使用とする。
  • *保険適用注意

患者・家族への説明のポイント

  1. SADは治療によって軽快する可能性のある疾患である。1剤目のSSRIで改善する確率は45〜65%である。内気な性格の問題と放置せず、専門医に相談する。
  2. 対人緊張を和らげる目的で飲酒するのは、かえって新たな問題をつくるのでやめるよう指導する。
  3. 小さな目標を立て、少しずつ行動練習をし、行動範囲を広げるよう指導する。

どのような場合に専門医に紹介すべきか

  • QOLの低下が著しい場合
  • 全般型SADの場合
  • 他の不安障害や大うつ病の併存がみられる場合
  • SSRIなどの薬物療法で改善がみられない場合

参考文献

  • American Psychiatric Association : Diagnostic and statistical manual of mental disorders, fourth edition, text revision, DSM--TR. APA, Washington, D.C., 2000.(高橋三郎 他 訳:DSM--TR 精神疾患の診断・統計マニュアル新訂版.医学書院,東京,2004.)
  • Van Ameringen M, et al : WCA recommendations for the long-term treatment of social phobia. CNS Spectr 8(Suppl. 1): 40, 2003.
  • 平島奈津子:社会不安障害.今日の診療のために ガイドライン 外来診療 2008.日経メディカル開発,東京,2008.
ガイドライン外来診療2010
詳細はこちら

詳細は『ガイドライン外来診療2010年度版』で!

◎このコーナーでは、毎年発行されている書籍『ガイドライン外来診療』の2009年度版から、代表的な46疾患の診断、治療、処方例などを簡潔に解説した「要約」を転載しています。
◎書籍の最新版『ガイドライン外来診療2010』では、診断・治療のポイントとともに代表処方例を200以上掲載するほか、専門医の管理・治療が必要な26疾患の解説も掲載しています。また図表200点以上を収載、臨床現場で使いやすい2色刷になっています。

編集主幹:泉 孝英(京都大学名誉教授/京都・中央診療所)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7