一覧

ガイドライン外来診療2009

蕁麻疹

  • 岩手県立中央病院 皮膚科 森 康記

診断

  • 蕁麻疹は、激しい痒みを伴う一過性の膨疹を臨床的な特徴とする。皮疹は1〜2日で色素沈着を残さずに消退するので、臨床所見と経過より診断は容易である。
  • 詳しく問診を取ることによって病型を判断することができる。

治療

  • 抗ヒスタミン薬の内服と、原因の回避が主たる治療である。
  • 慢性蕁麻疹では、いったん症状を抑制しても内服薬減量は徐々に行っていくのがよい。
  • 抗ヒスタミン薬を処方する場合は、自動車の運転など危険を伴う機械の操作に従事させないか、または十分に注意を促しカルテに記載しておく。

処方例

    急性蕁麻疹(軽症)

  • アレグラ錠(60mg) 2錠 分2 食後

急性蕁麻疹(中等症)(以下のいずれかを選択)

  • セレスタミン錠 3錠 分3 食後
  • 強力ネオミノファーゲンシー注 1日1回20mL 静注
  • ポララミン注(5mg) 筋注

慢性蕁麻疹(いずれかを選択)

  • アレグラ錠(60mg) 2錠 分2 食後
  • ジルテック錠(10mg) 1錠 分1 夕食後

抗ヒスタミン薬単独治療に抵抗性の場合(以下を併用)

  • ジルテック錠(10mg) 1錠 分1 夕食後
  • オノンカプセル*(112.5mg) 4カプセル 分2 朝 夕 食後
  • *保険適用注意

患者・家族への説明のポイント

    (1)蕁麻疹は、さまざまな要因で発症することを理解させる。「内臓が悪いから治りにくい」といった誤解を解くのも大切である。

    (2)慢性蕁麻疹では、抗ヒスタミン薬を中心とした内服薬治療を継続していく。

    (3)抗ヒスタミン薬の服用では、眠気の副作用の少ない第2世代のものを用いて、自動車の運転など危険を伴う機械の操作はやめさせるか、十分な注意を促す必要がある。

どのような場合に専門医に紹介すべきか

  • アナフィラキシーショックの場合
  • 治療抵抗性の場合
  • 膨疹の色調が濃く、消退まで長い場合
  • 紫斑を伴う(血管炎を併発している)場合
  • 口唇など一部分のみの浮腫の場合
  • 消化管症状が併発した場合

参考文献

  • 田中稔彦 他:蕁麻疹の分類と疫学.アレルギー・免疫 10:571, 2003.
  • 蕁麻疹・血管性浮腫の治療ガイドライン作成委員会:蕁麻疹・血管性浮腫の治療ガイドライン.日皮会誌 115:703, 2005.
ガイドライン外来診療2010
詳細はこちら

詳細は『ガイドライン外来診療2010年度版』で!

◎このコーナーでは、毎年発行されている書籍『ガイドライン外来診療』の2009年度版から、代表的な46疾患の診断、治療、処方例などを簡潔に解説した「要約」を転載しています。
◎書籍の最新版『ガイドライン外来診療2010』では、診断・治療のポイントとともに代表処方例を200以上掲載するほか、専門医の管理・治療が必要な26疾患の解説も掲載しています。また図表200点以上を収載、臨床現場で使いやすい2色刷になっています。

編集主幹:泉 孝英(京都大学名誉教授/京都・中央診療所)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051