一覧

ガイドライン外来診療2009

胃食道逆流症

  • 兵庫医科大学病院 消化器内科・上部消化管科 教授 三輪 洋人

診断

  • GERD(胃食道逆流症)には内視鏡的に食道炎を認める逆流性食道炎と内視鏡的には食道炎がないのに逆流症状のあるNERD(非びらん性胃食道逆流症)がある。
  • GERDの定型症状は胸やけと食道への逆流感(呑酸)の2つであり、この症状が週に2回以上あればGERDと診断する。
  • 胸やけや呑酸以外の症状、すなわちGERDの非定形症状(嗄声、咽喉頭異常感、慢性咳嗽、非心臓性胸痛、睡眠時無呼吸症候群など)にも注意を要する。
  • 胸やけなどのGERD症状は必ずしも内視鏡的粘膜傷害の重症度や24時間pHモニタリングでの酸逆流と相関しない。
  • 一般的に逆流性食道炎の内視鏡分類にはLos Angeles分類が使用されているが、この分類の客観性は高い。
  • 食道内の酸逆流を検査する目的で24時間pHモニタリングに代わり、プロトンポンプ阻害薬(PPI)を短期間試験的に投与することにより症状の改善があるかどうかをみるPPIテストが行われることが多い。

治療

  • GERD治療の目標は、症状を軽減しQOLを向上させることである。
  • GERD治療の第1選択薬はPPIである。8週間のPPI投与により逆流性食道炎の粘膜傷害が治癒する例がほとんどである。
  • H2 受容体拮抗薬(H2 RA)はPPI抵抗性GERDの補助療法として用いられることが多い。
  • 過食や脂肪分摂取過多を避ける、腹圧を上げないなどの食事・生活指導も有効であるが、食事・生活指導だけでは不十分なことが多い。
  • 基本的にPPI抵抗性の症例が外科手術の適応となるが、現在では腹腔鏡下手術が主体となっている。また最近では内視鏡的逆流防止術も行われている。

処方例

    軽症・重症型逆流性食道炎の場合

    (以下のいずれかを選択)

  • オメプラール錠(20mg) 1錠 分1 朝食前
  • タケプロンカプセル/OD錠(30mg) 1カプセル/1錠 分1 朝食前
  • パリエット錠(10mg) 1錠 分1 朝食前
  • 8週間までの投与とする。
  • 上記の治療で軽快しない難治性GERDの場合

  • パリエット錠(20mg) 1錠 分1 朝食前
  • NAB(nocturnal acid breakthrough)の関与が考えられる場合にはH2 RA(ガスター錠20mgなど)の就寝前追加投与。
  • 再燃・再発を繰り返す逆流性食道炎の維持療法(以下のいずれかを選択)

  • パリエット錠(10mg) 1錠 分1 朝食前
  • タケプロンカプセル/OD錠(15/30mg) 1カプセル/1錠 分1 朝食
  • オメプラール錠(10/20mg) 1錠 分1 朝食前
  • NERDの場合

    (いずれかを選択)

  • オメプラール錠(10mg) 1錠 分1 朝食前
  • タケプロンカプセル/OD錠(15mg) 1カプセル/1錠 分1 朝食前
  • 4週間までの投与とする。

患者・家族への説明のポイント

  1. 胸やけなどの逆流症状はQOLを大きく低下させるので、症状を我慢せずに、積極的に治療を受けるべきであること。
  2. 逆流により食道以外にも多くの症状が出現する可能性があること。
  3. 現在の薬物治療はあくまでも対症療法であり、薬剤の中止により再発・再燃の可能性が高いこと。しかしながら重症化することは少なく、おおむね予後は良好であること。
  4. 症状の軽減や再発予防に食事をはじめ日常生活改善も効果があること。
  5. 重症例やバレット食道では狭窄・出血や食道腺癌発生の可能性があるため、十分な治療と内視鏡による定期的な経過観察が必要であること。

どのような場合に専門医に紹介すべきか

  • PPIに不応性、抵抗性のGERD症例
  • 重症型逆流性食道炎で出血や狭窄を伴う場合
  • 外科的手術または内視鏡的治療の適応を考えるGERD症例
  • バレット食道(特に2または3cm以上のLSBE〈long segment Barret’s esophagus〉)で厳密な酸逆流管理や腺癌のスクリーニングが必要と考えられる場合

参考文献

  • Vakil N, et al : The Montreal definition and classification of gastroesophageal reflux disease : a global evidence-based consensus. Am J Gastroenterol 101 : 1900, 2006.
  • 三輪洋人:胃食道逆流症(GERD)の新しい考え方−とくにNERD(非びらん性胃食道逆流症)とBarrettの病態について−.日本消化器病学会雑誌 103:901,2006.
  • GERD研究会 編,本郷道夫 監修:GERDガイドライン策定に向けて.ヴァンメディカル,東京,2007.
ガイドライン外来診療2010
詳細はこちら

詳細は『ガイドライン外来診療2010年度版』で!

◎このコーナーでは、毎年発行されている書籍『ガイドライン外来診療』の2009年度版から、代表的な46疾患の診断、治療、処方例などを簡潔に解説した「要約」を転載しています。
◎書籍の最新版『ガイドライン外来診療2010』では、診断・治療のポイントとともに代表処方例を200以上掲載するほか、専門医の管理・治療が必要な26疾患の解説も掲載しています。また図表200点以上を収載、臨床現場で使いやすい2色刷になっています。

編集主幹:泉 孝英(京都大学名誉教授/京都・中央診療所)

Information PR

ログインしていません

会員登録はこちらからお願いします。

会員限定記事をお読みいただくには
ログインが必要です。

ID、パスワードを忘れた方はこちら

Close UpコンテンツPR

more

ランキング

  1. 医者が3人いないと開業できなくなる!? 日経ヘルスケアon the web
  2. 78歳女性。右外眼角部の褐色斑と黒色丘疹 日経メディクイズ●皮膚
  3. 3歳男児。発熱、頸部痛 日経メディクイズ●小児
  4. バカになる人、なれる人 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  5. マイコプラズマ患者の多形紅斑にどう対処? MedPeer症例相談
  6. 55歳男性。安静時の動悸 日経メディクイズ●心電図
  7. なんでも盗まれるクリニック 緒方さやかの「米国NPの診察日記」
  8. 相続税を納付できるのか、早めの試算と対策を 記者リポート
  9. 典型的なレビー小体型認知症患者をどう診療する? プライマリケア医のための認知症診療講座
  10. 粉瘤は薬液注入後に生検パンチでくり抜く 特集◎小外科スキルは 離島に学べ!《3》粉瘤の摘出

ページ上部へ
Myページエリア

ログインが必要です

ログインすると、ご自身の関心分野・専門分野の最新記事が表示される「Myセレクト機能」をご利用いただけます。