一覧

ガイドライン外来診療2009

気管支拡張症

  • 京都大学医学部附属病院 呼吸器内科 伊藤 穣

診断

  • 慢性の咳嗽や喀痰が特に若年、非喫煙者で認められる場合、喀痰から細菌が繰り返し培養される場合は、気管支拡張症を疑う。
  • 高分解能CT(HRCT)が気管支拡張症の診断に有用である。
  • 気管支拡張症の多くは原因不明であるが、診断時は原因疾患の検索を考慮する必要がある。

治療

  • 原因疾患がある場合は、その治療を優先的に行う。
  • 保存的治療としては、去痰薬の投与、気管支拡張療法などを行う。
  • 急性増悪時には早期に抗菌療法などによる治療を開始する。

処方例

    安定期の有症状例(wet type)の去痰

    (いずれかを選択)

  • ムコダイン錠(250mg) 6錠 分3
  • ムコソルバン錠(15mg) 3錠 分3
  • 閉塞性換気障害がある場合

    (いずれかを選択)

  • サルタノールインヘラー 1回1〜2吸入 頓用
  • セレベント(50μg) 1回1吸入 1日2回
  • 慢性副鼻腔炎、鼻症状がある場合

    (いずれかを選択)

  • エリスロシン錠(200mg) 2〜3錠 分2〜3
  • クラリシッド錠(200mg) 1錠 分1
  • 急性増悪時

    経口薬

  • アベロックス錠(400mg) 1錠 分1
  • 注射薬

    (いずれかを選択)

  • ユナシン-S静注用*(1.5g) 1回2バイアル 1日2〜4回 点滴静注
  • ロセフィン静注用(1g) 1回1〜2バイアル 1日1回 点滴静注
  • 重症例(緑膿菌定着例)

    (いずれかを選択)

  • メロペン点滴用(0.5g) 1回1バイアル 1日3〜4回 点滴静注
  • ゾシン静注用(4.5g) 1回1バイアル 1日3〜4回 点滴静注
  • 血痰、喀血時

    (以下を併用)

  • アドナ錠(30mg) 3錠 分3
  • トランサミン錠(250mg) 3〜6錠 分3
  • *保険適用注意

患者・家族への説明のポイント

  1. 気管支拡張症は慢性の咳嗽や喀痰、ときに血痰を呈する疾患である。
  2. 拡張した気管支はもとに戻らないが、気道感染を防ぐことでさらなる進行を抑えることが大切である。
  3. 気道感染の増悪時には、適切に抗菌療法などの治療を受けることが必要である。

どのような場合に専門医に紹介すべきか

  • 気管支拡張症の原因診断を確定する場合
  • 急性増悪により重篤な呼吸困難や右心不全徴候などを示す場合
  • 重篤な喀血を来した場合
  • 増悪を繰り返し経年的に呼吸機能が低下している場合

参考文献

  • Keistinen T, et al : Bronchiectasis : an orphan disease with a poorly-understood prognosis. Eur Respir J 10 : 2784, 1997.
  • 日本呼吸器学会呼吸器感染症に関するガイドライン作成委員会 編:日本呼吸器学会「呼吸器感染症に関するガイドライン」成人気道感染症診療の基本的考え方.日本呼吸器学会,東京,2003.
  • Rosen MJ : Chronic cough due to bronchiectasis. ACCP evidence-based clinical practice guidelines. Chest 129(1 Suppl) : 122S, 2006.
  • British Thoracic Society Standards of Care Committee : BTS statement on criteria for specialist referral, admission, discharge and follow-up for adults with respiratory disease. Thorax 63(Suppl 1) : i1, 2008.
ガイドライン外来診療2010
詳細はこちら

詳細は『ガイドライン外来診療2010年度版』で!

◎このコーナーでは、毎年発行されている書籍『ガイドライン外来診療』の2009年度版から、代表的な46疾患の診断、治療、処方例などを簡潔に解説した「要約」を転載しています。
◎書籍の最新版『ガイドライン外来診療2010』では、診断・治療のポイントとともに代表処方例を200以上掲載するほか、専門医の管理・治療が必要な26疾患の解説も掲載しています。また図表200点以上を収載、臨床現場で使いやすい2色刷になっています。

編集主幹:泉 孝英(京都大学名誉教授/京都・中央診療所)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161