一覧

ガイドライン外来診療2009

非結核性抗酸菌症

  • 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター 臨床研究センター 感染症診断・治療研究室長 露口 一成

診断

  • 画像的には、上肺野に空洞を伴う結節影を認める結核類似型と、中葉・舌区に小葉中心性の小結節影と気管支拡張を認める小結節・気管支拡張型が代表的なものである。
  • 喀痰抗酸菌塗抹・培養検査が最も重要な検査であり、3回連続で行うのが望ましい。
  • 非結核性抗酸菌は環境常在菌であるためヒト検体からの1回だけの検出では混入の可能性が否定できないので、非結核性抗酸菌症との診断には菌を複数回検出することが必要である。また、肺結核や肺癌など他の疾患を除外診断することが必要である。
  • 菌種ごとに病態、予後、治療法が異なるので、菌種の同定を正確に行う。

治療

  • 診断がついても全例にただちに治療を行うわけではない。ただし、将来的に悪化する可能性があるので定期的な経過観察は必要である(ただし、M. kansasii 症は薬剤の効果が良好なことから積極的に治療を行う)。
  • 治療が長期に及ぶので、薬剤の副作用(特に視力障害、聴力障害)には十分注意する。

臨床検査項目

  • 抗酸菌塗抹・培養検査 今なお結核・NTM(非結核性抗酸菌)症の診断には欠かせない検査である。培養検査法としては、小川培地法よりも、液体培地を用いたMGIT® 法が迅速性・感度ともに優れている。
  • 核酸増幅法 喀痰などの臨床検体から直接抗酸菌の遺伝子を増幅して検出を行うものであり、結核菌検出法としてMTD® 法、PCR法などがあるが、PCR法ではMAC(M. avium complex)の検出も行える。ただし、PCR陽性だけでは結果の解釈に苦慮することがあるので、必ず塗抹・培養検査を併用する。
  • 菌種同定法 培養陽性となった検体の菌種同定には次のような検査を行う。ナイアシンテストなどの生化学的同定法は現在ではほとんど行われない。

    (1)キャピリアTB® (イムノクロマトグラフィ法):結核菌が特異的に分泌する蛋白を検出するもので簡便であり15分で結果が判明するので結核菌かどうかを判定するには最も適している。

    (2)アキュプローブ® :DNAプローブ法による同定法で特異性に優れている。結核菌、MACの同定が行える。

    (3)DDHマイコバクテリア® :DNA-DNAハイブリダイゼーション法によるもので、結核菌、MAC、M. kansasii、M. abscessusを含めた18菌種の同定が行える。日常遭遇するNTMの大部分が同定可能である。

処方例

    MAC症(以下を併用)

  • リファンピシンカプセル*(150mg) 2〜4カプセル 分1 朝食後
  • エブトール錠*(250mg) 2〜3錠 分1 朝食後
  • クラリシッド錠(200mg) 3〜4錠 分2 朝 夕 食後
  • 硫酸ストレプトマイシン注* 15mg/kg 週2〜3回 筋注(重症例に対して)
  • 投与量は体重により増減する。

    M. kansasii 症(以下を併用)

  • イスコチン錠*(100mg) 2〜3錠 分1 朝食後
  • リファンピシンカプセル*(150mg) 2〜4カプセル 分1 朝食後
  • エブトール錠*(250mg) 2〜3錠 分1 朝食後
  • 投与量は体重により増減する。

    *保険適用注意

患者・家族への説明のポイント

  1. 他人への感染性はまったくない。
  2. 薬剤による化学療法はある程度有効ではあるが、完治することは少なく一生の付き合いになる病気である。
  3. 発病には体の抵抗力の関与も大きいと思われる。過労により悪化することがあるので無理しないこと。

どのような場合に専門医に紹介すべきか

  • 結核が否定され非結核性抗酸菌症と判明すれば緊急で専門医に送る必要性はない
  • 治療を行うべきかどうか迷う例、治療を行っているにもかかわらず悪化する例、治療を終了すべきかどうか迷う例などでは考慮する

参考文献

  • Griffith DE, et al : An official ATS/IDSA statement : diagnosis, treatment, and prevention of nontuberculous mycobacterial diseases. Am J Respir Crit Care Med 175 : 367, 2007.
  • 日本結核病学会非結核性抗酸菌症対策委員会:肺非結核性抗酸菌症診断に関する指針−2008年.結核 83:525,2008.
  • 日本結核病学会非結核性抗酸菌症対策委員会:肺非結核性抗酸菌症に対する外科治療の指針.結核 83:527,2008.
  • 日本結核病学会非結核性抗酸菌症対策委員会:肺非結核性抗酸菌症化学療法に関する見解−2008暫定.結核 83:731,2008.
ガイドライン外来診療2010
詳細はこちら

詳細は『ガイドライン外来診療2010年度版』で!

◎このコーナーでは、毎年発行されている書籍『ガイドライン外来診療』の2009年度版から、代表的な46疾患の診断、治療、処方例などを簡潔に解説した「要約」を転載しています。
◎書籍の最新版『ガイドライン外来診療2010』では、診断・治療のポイントとともに代表処方例を200以上掲載するほか、専門医の管理・治療が必要な26疾患の解説も掲載しています。また図表200点以上を収載、臨床現場で使いやすい2色刷になっています。

編集主幹:泉 孝英(京都大学名誉教授/京都・中央診療所)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  2. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:389
  3. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  4. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:220
  5. 70歳男性。主訴:全身の掻痒感と褐色尿 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. オペ室マジック 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 便潜血陽性者は早めに内視鏡検査受けるべき JAMA誌から FBシェア数:100
  8. 「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高い 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:9
  9. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:165
  10. 一期一会の患者でも経過に注目してみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:33