1. 私、モンスターペイシェント? 2018/07/17  こんにちは、総合南東北病院外科の中山祐次郎です。 今回の切って縫うニュースでは、「東京医大−文部科学省裏口入学」疑惑を扱いたい……のですが、情報が少ないのでやめておきます。 代わりに、私自身が受診した歯科医院で「モンスターペイシェント化」してしまった、かもしれない件をご相談いたします。今回切られるのは私です。 さて、ちょっと近況を。今月は少し連載記事が遅れてしまいました。というのも、先日大学院の試験のなかでも最もハードな科目の試験があったからです。その科目名は「遺伝学」。私はいま、京都大学の公衆衛生大学院で学んでいますが、同時に遺伝学も勉強しています。専門の大腸癌はLynch症候群と 556973
  2. リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 2018/07/17  近赤外光を皮膚に照射することで非侵襲的に血管走行を可視化する「血管可視化装置」。2018年4月に医療機器大手のテルモが、5月には高知大発ベンチャーのプラス・メッドがそれぞれ血管可視化装置の新製品を発売し、にわかに注目を集めている。血管が見えにくい患者の穿刺時に便利とされるが、実際の使い勝手はどうなのか? 現場の声を取材した。 血管可視化装置は、血液中のヘモグロビンが近赤外光を吸収する性質を利用して、非侵襲的に血管走行を可視化する装置だ。直視下では血管を確認しにくい患者や血管が細い人、複数回穿刺をしている人、血液透析を行っていて血管が石灰化している人などへの穿刺の補助に有用だとされる。 556983
  3. インタビュー◎2018医学部入試の全容 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 河合塾麹町校 梅田 靖彦氏に聞く 2018/07/11 今年3月まで行われた2018年医学部入試の大学別偏差値、倍率などのデータが出揃い、全貌が明らかになった。志願者減で全体としては難化傾向が和らぐ中、個々の大学では、学費引き下げで競争率が高まったり、試験方式の変更で出願が減るなど様々な動きが見られた。医学部受験の動向に詳しい学校法人河合塾・麹町校の梅田靖彦氏に、来年度入試の展望を含め話を聞いた。 556783
  4. 頭部CT 見逃してはならないクモ膜下出血 2018/07/17  前項では疾患ごとの各論第1弾として脳内出血のCT画像について述べたが、本項では脳内出血とともに、神経救急では絶対に見逃してはならないクモ膜下出血の読み方を解説する。 555252
  5. フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ 2018/07/12  日本麻酔科学会は、2019年度から開始する麻酔科専門医の更新について、要件に「申請時点で単一の医育機関病院や病院施設に週3日以上勤務し、麻酔科関連業務に専従していること」という項目を追加した。7月10日付けで「専門医機構認定 麻酔科専門医更新要件追加 単一施設週3日勤務について」という通知を会員向けに出した。 556970
  6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 2018/07/13FBシェア数:315  文部科学省の現職局長が、東京医科大学に研究補助金選考の便宜を図る見返りに、入学試験の点数に下駄を履かせて自分の息子を不正合格させた受託収賄事件で逮捕され、話題になっている。その後、安倍政権を批判していた前川喜平・元文部科学事務次官との関係など、あれこれ政治的な話題としてもやかましいことになっているし、東京医大の現体制の批判なども取り沙汰されている。 556948
  7. 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 2018/07/17  2018年度診療・介護報酬同時改定では、外来のオンライン診療に関する点数の新設が注目されたが、実は在宅医療の分野でもオンラインによる管理を評価した点数が設定されている。今回は、訪問診療とオンライン診療を組み合わせることで、効率的な在宅医療を目指す取り組みを紹介する。 557003
  8. エリアレビュー◎ASCO2018・肝癌 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 免疫療法薬の参入で治療戦略が大きく変わる可能性も 2018/07/17FBシェア数:29  肝細胞癌領域においてバイオマーカーで患者選択をした初めての試験であるREACH-2試験の結果が米国臨床腫瘍学会(ASCO2018)で発表され、抗VEGFR2抗体製剤ラムシルマブの有用性が確認された。免疫チェックポイント阻害薬の有望な結果も続々報告され、肝細胞癌治療はここ数年で大きく変化することが予想される。ASCO2018で注目された演題とその解釈、今後の肝細胞癌治療の展望を、近畿大学医学部消化器内科主任教授の工藤正俊氏に解説してもらった。 556979
  9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 2018/07/17FBシェア数:30  心疾患に対するカテーテルデバイスといわれて思い浮かぶのは、現下には経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)に使用するバルーン拡張型人工弁や、僧帽弁閉鎖不全に使われるMitraclipなどであり、もはや冠動脈ステントではない。 556941
  10. 学会トピック◎日本病院学会2018 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次で危惧」 2018/07/16 6月28日から石川県金沢市で開催された第68回日本病院学会では「医師の『働き方改革』はどうあるべきか」をテーマにしたシンポジウムが開催された。最初に登壇した聖路加国際病院院長の福井次矢氏は、米国では睡眠不足のレジデントが起こした医療事故を契機に「医師の労働時間規制」が議論されたのに対し、日本では医師の自殺を契機に議論が進められているという特徴があることを指摘。「患者さんに提供する『医療の質』の議論が二の次にされている印象があり、労働時間の議論が先行してしまっている。時間の論議だけが進むと、目の前の患者が苦しんでいるにもかかわらず、現場を立ち去る医師が出てくるのではないかと危惧している」と話した。 557005
  11. BMJ誌から メトホルミンは先天異常を増やしていない 欧州の先天異常レジストリから解析 2018/07/17FBシェア数:10  妊娠中のメトホルミン使用が胎児の成長に悪影響を与えるかどうかは、議論があり結論が出ていない。英国Ulster大学のJoanne E Given氏らは、欧州の先天異常患者登録のEUROCATのデータを解析して、妊娠初期にメトホルミンを使用しても、先天異常リスクは上昇していなかったと報告した。結果はBMJ誌電子版に2018年6月25日に掲載された。 556938
  12. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? 名古屋第二赤十字病院症例カンファレンス 2018/07/12 2日前に頭痛と後頸部痛、嘔吐が表れ、他院ERを受診。頭部CTとMRIを撮影するも異常なし。受診当日夜、下肢のつるような痛みと後頸部痛、悪心・嘔吐、意識障害があり、名古屋第二赤十字病院ERに救急搬送された。 556758
  13. 処方箋なしでマイスリーを販売し業務停止 府中市の薬局、医師の同意なく処方箋の変更も 2018/07/17  東京都は、2018年7月9日、医薬品医療機器等法(薬機法)第75条第1項に基づき、南圃堂薬局(東京都府中市)の開設者兼管理薬剤師である鈴木晃氏に対して、7月10日から7月25日までの16日間、同薬局の業務停止を命じたと発表した。 557009
  14. 特集◎新薬続々!潰瘍性大腸炎の服薬指導《1》 潰瘍性大腸炎の薬物治療のトレンドを押さえよう 薬の使い分けで寛解を目指せる時代に 2018/07/17 潰瘍性大腸炎の薬物治療では、1日1回服用の高用量5-ASA製剤や、ステロイド注腸フォーム製剤など、使い勝手の良い新薬が相次いで登場し、きめ細やかな治療が可能になってきた。 556904
  15. 頭痛の適応外処方を知って、患者に寄り添った服薬指導を 富永病院脳神経内科部長・頭痛センター長 竹島 多賀夫氏 2018/07/17 つらい頭痛で医療機関を受診して処方箋を持参した患者、OTCの鎮痛薬を求める来局者に、薬剤師はどう対応すべきなのか。富永病院脳神経内科部長・頭痛センター長の竹島多賀夫氏に、薬局薬剤師に期待することを聞いた。 556915
  16. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く 2018/07/13  以前のコラム「来年からオトクな『つみたてNISA』が始まるよ」「節税の切り札! 個人型確定拠出年金って何?」などでもお伝えしましたが、国はこの数年で個人に対して、税負担を軽くするとっておきの方法を提示し始めています。 これが何を意味しているか、考えたことはありますか? なぜ、国は税制改革によって「貯蓄から投資へ」の移行を進めているのでしょうか? なぜ、国はつみたてNISAを用意し、20年という長期で売却利益を非課税にしてくれているのでしょうか? なぜ、会社の退職金が厚生年金基金ではなく、確定拠出年金から支払われるようになるのでしょうか? 556702
  17. 愚痴がいっしょ!! 2018/07/16 ママでナースの私は主任になった。主任になると患者さんのケアだけでなく…… 556173
  18. 武田テバが27成分48品目を販売中止 2018/07/17  武田テバファーマ(名古屋市中村区)、武田テバ薬品(滋賀県甲賀市)は2018年7月17日、後発医薬品27成分48品目を販売中止すると発表した。在庫がなくなった時点で販売終了とするが、製品によっては2019年3月末で経過措置期限終了の予定。 557019
  19. 癒し系ドクターの裏の顔 2018/07/09 1年前に異動してきた佐々木先生は、ナースの話をよく聞いてくれるし…… 556176
  20. 海外に行く時に必要なワクチン 短期の海外旅行でもリスクに応じた予防接種を 2018/07/17  短期間であっても、感染リスクが高い地域に渡航する場合はその感染症の予防接種が必要となります。また欧米の先進諸国など感染リスクが低い地域でも、家族の長期滞在に伴い現地の学校や幼稚園に入る際には指定のワクチン接種を済ませておくことが条件となります。そのため、渡航先の感染症状況や現地での生活を想定して、ワクチン接種を行う必要があります。 556142

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
  2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
  5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
  6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
  7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
  8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
  9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
  10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
医師と医学研究者におすすめの英文校正