日経メディカル Online ポイントプログラムについて

 「日経メディカル Online」の(1)MReachコンテンツの閲覧、(2)調査・情報登録へのご回答、(3)各種キャンペーンその他、に対して、ポイントおよびExp(Experience)を進呈させていただく会員限定のサービスです。Exp/ポイントには有効期限があります。
※各案件に対するポイント/Exp付与の有無は日経メディカル Onlineの判断によるものであり、コンテンツ提供会社、調査実施会社等によるものではありません。

ポイント」とは

 ポイントが500ポイント以上貯まると、Amazonギフト券、全国共通図書カードまたは全国共通ギフト券と交換できます(1ポイントは1円相当)。ポイントの発行や交換、商品の発送など詳細については、こちらをご覧ください(商品の発送には最大2か月程度かかる場合がありますので交換時期にはご注意ください)。
 ポイントには有効期限があり、ポイント発行日の翌々年、6月末日です。現在の獲得ポイントについては、日経メディカル Onlineの画面内、右上の「お名前表示エリア」内に表記してあります(ログインが必要です)。 ポイント/Expの確認と名前表示エリアの説明

Exp」とは

 日経メディカル Onlineには記事以外にも、情報提供や調査など、様々なコンテンツを読者の方にお届けしております。Exp(Experience)とは、そうしたすべてのコンテンツをもっと親しみやすくご活用いただくきっかけとして導入しました。

 Expは一定数貯まるごとに自動でポイントに変換されます(ポイントのように、交換手続きは必要ございません)。あと何Expの獲得でポイントに自動変換されるかは画面右上の「お名前表示エリア」に表示されます(※お名前の下に表示されているExpは、すでにポイントに変換された分も含む、これまで獲得された累計Expになります)。 ポイント/Expの確認

 最後のExp進呈またはポイントへの変換から1年間が有効期限となります。また、退会するとExpは無効になります。Expの獲得履歴、現在のExpについては、こちらのページでご確認ください。

Exp/ポイント案件は「パーソナルエリア」「MyMReachページ」「メルマガ」でお知らせします

 Exp/ポイントが付く各案件は、対象となる方の「パーソナルエリア」「MyMReachページ(会員専用)」に表示され、また一部の案件はメールマガジンでもお知らせします。「パーソナルエリア」はログイン時のみ各ページの左上に表示されます(各会員の方ごとにご案内するコンテンツが異なります)。「MyMReachページ(会員専用)」はログイン時のみアクセスできます。Exp/ポイントの履歴は「お名前表示エリア」の「Exp/ポイント履歴」ボタンをクリックしてご確認いただけます。

 →ログインのID/パスワードをお忘れの方はこちらで確認できます。
 →日経メディカル Onlineからのメールマガジンが届いていない方はこちらからお問い合わせください。

Exp/ポイント進呈のタイミングは、即時進呈と後日進呈の2通りあります

 各種Exp/ポイント案件は、即時進呈される場合と後日進呈される場合がありますのでご注意ください。即時進呈の場合、コンテンツへのリンクをクリックしてすぐに進呈させていただく場合と、クリックして飛んだ先のページでExp/ポイント獲得用のボタンをクリックしていただいく必要があるものがございます(クリックしないとExp/ポイントを獲得できませんのでご注意ください)。後日進呈の場合は、ご案内のページやメールに進呈予定時期を記載していますが、その時期を過ぎてもExp/ポイントが付かない場合は下記からお問い合わせください。

 →Exp/ポイント進呈が予定時期を過ぎても付かない場合のお問い合わせはこちら
 →Exp/ポイントの履歴はこちら(即時進呈の場合はこちらですぐにご確認いただけます)

Exp/ポイントが付く各種サービスのご案内

MReachコンテンツの閲覧

 「MReach(エムリーチ)」は、製薬企業や医療機器メーカーからの医療関連情報を、「日経メディカル Online」会員の皆様の関心分野に合わせてダイレクトにお届けするためのサービスです。MReachコンテンツの記事タイトルをクリックしてコンテンツを閲覧された際に、所定のExp/ポイントを進呈させていただきます(記事タイトルの横にExp/ポイントが明記されているものに限ります)。一部のコンテンツでは閲覧終了後に表示される「Exp/ポイント」獲得ボタンをクリックしていただく必要があります。

調査アンケート

 日経メディカル Onlineでは自主調査および外部の調査会社からの委託による調査を実施しており、ご協力いただいた会員の皆様には謝礼のポイントを進呈いたします。各調査とも診療科目や勤務先病床数など、対象となる方の条件が指定されており、対象条件に合致していそうな方にのみご案内していますので、ご登録の会員情報はできるだけ最新の情報に更新していただけるようお願いします。
 →会員情報の更新はこちら

 調査によっては、冒頭で勤務先や診療状況等の細かい質問させていただき、そこで本調査の回答対象者か判定させていただく場合があります。その条件をクリアされて最後までご回答いただいた方にはご案内のポイントを差し上げますが、条件に該当しなかった場合は参加ポイントのみ進呈させていただくことがございます。多くの調査ではポイントは調査期間終了1〜2週間後に進呈しております。

編集部からのミニアンケート「医師1000人に聞きました」

 日経メディカル編集部より毎週、医師会員の皆様を対象にミニアンケートを実施しています。アンケートの結果は連載:「医師1000人に聞きました」でご紹介させていただいています。アンケートにご協力いただいた先生には10ポイントを進呈しています。
 →連載:「医師1000人に聞きました」はこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256