医学生のための学力向上応援サイト めでぃアカデミー 医学生の皆さんが、医師になるための最後のハードルとなる「医師国家試験」。このサイトでは、医師国家試験予備校大手のマック・メディカルアカデミー・コーポレーション(MAC)の協力の下、合格を目指す皆さんの医学力向上に役立つコンテンツを提供します。

マック・メディカルアカデミー・コーポレーション(MAC)

今週の3問 「今週の3問」は、医師国家試験対策向けの模擬問題です。  原則として毎週水曜日に更新し、翌週の火曜日までの1週間限定で公開いたします。
 (問題作成・解説:MAC)

循環器

収縮性心膜炎について正しいのはどれか。2つ選べ。

a肝腫大
b滲出性腹水
c心陰影拡大
d心房細動合併
e収縮早期過剰心音

正解はこちら

正解はa、d

代謝※この問題の正解の表示、動画解説の閲覧にはログインが必要です。

くる病の原因として誤っているのはどれか。2つ選べ。

a紫外線照射不足
bFanconi症候群
c副腎皮質ステロイド投与
d汎下垂体前葉機能低下症
eフェニトイン投与

正解はこちら

腎臓※この問題の正解の表示、動画解説の閲覧にはログインが必要です。

尿検査について正しいのはどれか。2つ選べ。

a閉塞性黄疸では着色尿を認める。
b蛋白尿の大部分はグロブリンである。
c蛋白尿の再検査は早朝第一尿で行う。
d発熱時の蛋白尿は病的であることが多い。
e尿潜血反応は免疫学的ヒトヘモグロビン法を用いている。

正解はこちら

日経メディカル オンラインへのログインが必要です。登録されていない方は、こちらからお願いします。

日経メディカル オンラインへのログインが必要です。登録されていない方は、こちらからお願いします。

日経メディカル オンラインへのログインが必要です。登録されていない方は、こちらからお願いします。

日経メディカル オンラインへのログインが必要です。登録されていない方は、こちらからお願いします。

MAC

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
  3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
  4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
  5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
  6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
  7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
  8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
  9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
  10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55