2006.06.15

健康市場を切り拓く専門展「サプリ&機能性食品2006」 本日より3日間開催−−60社が出展、44の講演

 サプリメントなどの健康素材の専門展「サプリ&機能性食品2006」が本日6月15日から3日間、東京・池袋のサンシャインシティ文化会館で開催される。「エビデンスで健康市場を切り拓く」をモットーに日経BP社が主催する。

 展示ブースには、市販サプリメントのメーカー、サプリメントの原体メーカーのほか、サプリメントの臨床試験を受託する会社など、60社が出展する。各出展ブースには、展示する製品や素材についての「エビデンス・パネル」と呼ばれる表示がつけられるのがユニークな点だ。このエビデンス・パネルには、論文掲載誌、学会発表の状況、トクホや栄養機能食品かなどの情報がマークで盛り込まれる。これにより、展示品のエビデンスの高さが一目でわかる。

 また、フォーラム会場では、京都府立医科大学大学院教授の吉川敏一氏と、独立行政法人国立健康・栄養研究所理事長の渡邊昌氏による2題の基調講演をはじめとして、専門講演8セッションが開かれる。さらに展示ブース横には、オープンシアターが設けられ、展示各社による34題の講演が行われる。これらのセッションを併せて講演数は44題。とりわけ、今後のサプリメントの主力になると想定される植物由来素材について、最新情報を開示する講演が多く設けられている。 

 講演スケジュール、講演タイトルの詳細はこちらの公式サイトからどうぞ(http://expo.nikkeibp.co.jp/sup/)(藤井省吾、日経ヘルス)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48