2006.05.27

運動直後の大豆ペプチドで成長ホルモンの分泌量が増える

 運動直後に大豆ペプチドを摂取すると、血中の成長ホルモン濃度が上昇する――。こんな研究成果が関西鍼灸大学整形外科教授の増田研一助氏によって報告された。

 成長ホルモンは睡眠時や運動後に多く分泌されるホルモンで、骨を伸ばしたり、筋肉を作ったり、脂肪を分解したりする作用がある。10代の思春期をピークに、その後は急速に分泌量が減っていくこともわかっている。一方、アミノ酸が複数つながった大豆ペプチドは、成長ホルモンの材料になる可能性があると考えられていた。

 そこで、増田助教授は運動直後に材料を供給することで、成長ホルモンの分泌量が増えるのではないか、との仮説を立て、20代の若者(18人)と35〜44歳の中高年(7人)の2群を対象に、その効果を調べた。

 実験では、それぞれの群に運動をしてもらい、直後にプラセボを摂取してもらった場合と、大豆ペプチド8000mgを摂取してもらった場合の血中成長ホルモン量を30分後、1時間後、2時間後、18時間後に測定、比較した。その結果、大豆ペプチドを摂取したときは、しない場合よりホルモン濃度が上がることが確認された。特に若者群では摂取30分後にピークが訪れ、このとき、大豆ペプチド群はプラセボ群の13倍以上多く分泌されており、有意差があった。

 一方、中高年群では、30分後にはわずかにプラセボ群より多く分泌された程度だったが、1時間後にピークが訪れ、プラセボ群の2倍弱の濃度があった(有意差あり)。また18時間後も濃度自体は下がったものの、プラセボ群と比べて2倍弱の濃度を示した。つまり、大豆ペプチドは、成長ホルモンの分泌を促すことが確認されたとともに、年配者の成長ホルモンの減少を補強する可能性も示唆された。

 従来、大豆ペプチドは筋肉の材料になることから、運動直後に飲むと速やかな筋肉修復がなされ、疲労回復が早まるといわれてきた。今回の研究は、大豆ペプチドが成長ホルモンの材料にもなって、筋肉の修復や疲労回復にまで寄与する可能性を示したといえそうだ。

 なお、成長ホルモンといえば、最近は肌の弾力を高めてシワを減らすなど、アンチエイジングにかかわるホルモンとしても注目を集めている。1日のうちでは睡眠後に成長ホルモンの分泌が最も活発になる。そのため、「睡眠直前に大豆ペプチドを飲めば、その分泌量を増やすことでき、アンチエイジング効果も期待できるのではないか」と増田助教授は話している。(黒住紗織、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正