2006.05.27

特許美白成分「コハク酸」でシミを消す 薬剤師、独自開発のクリームが6月に登場

 新美白成分「コハク酸」を配合したクリームを、インターガ(本社:京都市山科区)が6月末から発売する。コハク酸は、京都で薬局を経営する高岡洋五薬剤師(インターガ代表)が、仕事のかたわら独自に研究し、まったく新たに美白効果を見出だした成分。金魚やモルモットなどで美白効果を証明し、すでに特許を取得している。

「当初は黒い金魚を200匹飼い、金魚が淡色化する成分を探した。その結果、コハク酸や乳酸に新たに美白効果を見出した」と高岡薬剤師。その後、メラニン色素を作る酵素(チロシナーゼ)の阻害試験でも高い美白効果が証明された。

 さらに、コハク酸と乳酸の組み合わせで、美白効果が高まることなどを確認し、コハク酸単独のほか、両者の組み合わせでも、美白効果の特許を取得した。コハク酸も乳酸も体内の代謝で発生する成分なので、安全性が高いという。

「製品化に当たり、製品が酸性に傾きやすい乳酸の利用は見送った。その代わり、コハク酸と薬用美白成分として認可されているグルコシド型のビタミンC誘導体と併用し、薬用クリームとした。コハク酸は非常に低分子の成分なので皮膚への浸透性も高い。薬用美白成分のビタミンC誘導体よりも、コハク酸が美白作用のメインになる」と高岡薬剤師。

 クリームはヒアルロン酸も配合、潤いと美白を両立できそうだ。商品名は「薬用INTERGA くにクリーム」30g、1万2000円。(藤井省吾、日経ヘルス) 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:78
  2. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:29
  3. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:93
  4. 心血管疾患二次予防のLDL-C目標値は70未満 特集◎生活習慣病 7つの新常識《3》 FBシェア数:70
  5. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:449
  6. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:616
  7. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  8. デイサービスで感じた女子力とは? 病院珍百景 FBシェア数:33
  9. コールドポリペクトミーは抗凝固薬服用中の大腸ポリ… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:45
  10. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:77
医師と医学研究者におすすめの英文校正