2006.05.27

特許美白成分「コハク酸」でシミを消す 薬剤師、独自開発のクリームが6月に登場

 新美白成分「コハク酸」を配合したクリームを、インターガ(本社:京都市山科区)が6月末から発売する。コハク酸は、京都で薬局を経営する高岡洋五薬剤師(インターガ代表)が、仕事のかたわら独自に研究し、まったく新たに美白効果を見出だした成分。金魚やモルモットなどで美白効果を証明し、すでに特許を取得している。

「当初は黒い金魚を200匹飼い、金魚が淡色化する成分を探した。その結果、コハク酸や乳酸に新たに美白効果を見出した」と高岡薬剤師。その後、メラニン色素を作る酵素(チロシナーゼ)の阻害試験でも高い美白効果が証明された。

 さらに、コハク酸と乳酸の組み合わせで、美白効果が高まることなどを確認し、コハク酸単独のほか、両者の組み合わせでも、美白効果の特許を取得した。コハク酸も乳酸も体内の代謝で発生する成分なので、安全性が高いという。

「製品化に当たり、製品が酸性に傾きやすい乳酸の利用は見送った。その代わり、コハク酸と薬用美白成分として認可されているグルコシド型のビタミンC誘導体と併用し、薬用クリームとした。コハク酸は非常に低分子の成分なので皮膚への浸透性も高い。薬用美白成分のビタミンC誘導体よりも、コハク酸が美白作用のメインになる」と高岡薬剤師。

 クリームはヒアルロン酸も配合、潤いと美白を両立できそうだ。商品名は「薬用INTERGA くにクリーム」30g、1万2000円。(藤井省吾、日経ヘルス) 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1