2006.05.20

チーズが内臓脂肪の蓄積を抑える 雪印乳業が、5月21日に学会で発表

 チーズを摂取すると、中性脂肪値と総コレステロール値が低下し、内臓脂肪が減少すると雪印乳業が発表した。ラットによる試験で明らかにした。

 同社によると、国産のゴーダチーズを配合した餌をラットに与えたところ、血液中の中性脂肪と総コレステロールの濃度が、チーズ以外の餌を食べたラットに比べて低下したという。また、腸管の間に蓄積する内臓脂肪の量も減少した。

 さらに、内臓脂肪型肥満で問題になる血液中のアディポネクチンの濃度もチーズを餌に与えていると保たれることがわかった。アディポネクチンは脂肪細胞が分泌するたんぱく質で、血液中を流れて全身を巡り、血管が傷ついているとすぐに修復させるはたらきがある。内臓脂肪が増加すると、アディポネクチンは減少し、それが循環器系疾患のリスクを高めるとされている。

 今回の研究結果から、チーズを摂取するとメタボリックシンドロームや循環器系疾患の予防になるという可能性が見えてきたようだ。詳細は、5月21日に静岡市で開催される「第60回日本栄養・食糧学会大会」で発表される予定。(大屋奈緒子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1707
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:198
  3. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:113
  6. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  7. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:110
  9. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:53
  10. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:175