2006.05.20

チーズが内臓脂肪の蓄積を抑える 雪印乳業が、5月21日に学会で発表

 チーズを摂取すると、中性脂肪値と総コレステロール値が低下し、内臓脂肪が減少すると雪印乳業が発表した。ラットによる試験で明らかにした。

 同社によると、国産のゴーダチーズを配合した餌をラットに与えたところ、血液中の中性脂肪と総コレステロールの濃度が、チーズ以外の餌を食べたラットに比べて低下したという。また、腸管の間に蓄積する内臓脂肪の量も減少した。

 さらに、内臓脂肪型肥満で問題になる血液中のアディポネクチンの濃度もチーズを餌に与えていると保たれることがわかった。アディポネクチンは脂肪細胞が分泌するたんぱく質で、血液中を流れて全身を巡り、血管が傷ついているとすぐに修復させるはたらきがある。内臓脂肪が増加すると、アディポネクチンは減少し、それが循環器系疾患のリスクを高めるとされている。

 今回の研究結果から、チーズを摂取するとメタボリックシンドロームや循環器系疾患の予防になるという可能性が見えてきたようだ。詳細は、5月21日に静岡市で開催される「第60回日本栄養・食糧学会大会」で発表される予定。(大屋奈緒子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:6
  2. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:8
  3. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:1
  4. β遮断薬:カルベジロールに4割弱の支持集まる NMO処方サーベイ FBシェア数:103
  5. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  6. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  7. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0
  8. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:9
  9. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:303
  10. 心房細動のないHFpEF患者の一部は高率で脳卒中… Eur Heart J誌から FBシェア数:108