2006.04.28

マグネシウムをもっと採るといい メタボリックシンドローム予防になる

 肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症……動脈硬化を進め、心臓病や脳卒中の危険性を高める「メタボリックシンドローム」の予防にマグネシウが有効ということが、18〜30歳の4637人を15年間追跡調査した米国の大規模な研究でわかった。雑誌「Circulation」でこのほど報告された。

 食事内容から算出したマグネシウムの摂取量で4グループに分けたところ、摂取量の最も少ないグループに比べ、最も多いグループの人がメタボリックシンドロームになる危険性は31%低く、2番目に多いグループでも25%低かった。

 マグネシウムの摂取量は、最も摂取量が多いグループで1000kcal当たり190.5mg。日本人の摂取カロリーの平均(1920kcal/日)で換算すると、1日に366mg 必要ということになる。2番目のグループでは同282mg。日本人の平均摂取量が255mgなので、もう少し摂取量を増やしたいところだ。

 マグネシウムが多く含まれる食材は、海藻類、ゴマ、ナッツ類、豆類、緑黄色野菜など。ピーナッツなら25g(大さじ1強)にマグネシウムが約50mg含まれる。摂取カロリーを増やさずにマグネシウムをとるには、にがりも便利だ。ただし、摂り過ぎると下痢を起こすこともあるので、便がゆるくなるなら控え目に。(八倉巻尚子、サイエンスライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55