2006.04.21

サントリーと共立製薬、ペット用のサプリを発売 (訂正あり)

 サントリーと共立製薬(本社:東京都千代田区)は、ペット用のサプリメント「Pet Health セサミンE」(ソフトカプセル60粒入り、5040円)を共同開発、4月24日から共立製薬を通じて動物病院で販売を始める。

 同商品は、1粒にセサミンを1.7mg、ビタミンE(αトコフェロール)を9.5mg含み、摂取目安量は小型犬や猫なら1日1粒、大型犬なら1日2粒。

 セサミンは、ゴマに含まれる抗酸化成分、ゴマリグナンの一種だ。ゴマリグナンは肝臓の働きを高めたり、コレステロール値を下げる作用などがある。

 共立製薬によると、同商品はペットのアンチエージングを目的としたサプリメント。「元気がなくなってきた、ストレスをためていそう、毛づやが悪くなった、あまり散歩に行きたがらない、動きが鈍くなってきた」などのペットにお薦めだという。

 ペット用の抗酸化サプリメントが登場している背景には、ペットの高齢化がある。特に、近年はペット人気の高まりから、人間でいうと40歳代にあたる6〜7歳の犬猫ペットが増えてきているという。

 “ペットのアンチエージングにサプリメント”は静かなブームになりそうだ。(清水由貴子、日経ヘルス)


訂正 本文4段落目で「共同製薬によると」とありましたが、正しくは「共立製薬によると」でした。訂正します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正