2006.04.21

ポーラから、多様な肌の悩みに対応する新ブランド 第1弾はゴボウエキス配合の角栓対策洗顔料&美容液

 ポーラ化粧品本舗はこのほど、シミ・シワ以外にも多様化している女性の肌の悩みに対応する新しいスキンケアブランド「アシスト ワン」を立ち上げた。第1弾としてTゾーンの毛穴を目立ちにくくする洗顔料と美容液を開発。5月1日に発売する。

 同社のこれまでのスキンケアラインは、シミとシワという肌の2大トラブルに対応したものが多い。「今回のブランドでは、それ以外の悩みを持つ人に対し、従来のラインにプラスして使っていただくことを想定している」と、同社広報の福田紘子氏。現在、敏感肌や季節の変わり目の肌の不調といった悩みに対応する商品を検討しており、今後、随時開発を進めていく予定だ。

 第1弾として今回新発売するのは、Tゾーンの毛穴を目立ちにくくする20〜30代向けの洗顔料「シーバムケア クレンズ」と美容液「シーバムケア エッセンス」の2品。同社の調査によると、この世代は、毛穴に角栓が詰まることで毛穴が広がってみえるケースが多いという。このため、「シーバムケア クレンズ」と「シーバムケア エッセンス」は、どちらにも角栓をできにくくするというゴボウエキスを配合。「シーバムケア クレンズ」には、できてしまった角栓を除去するオイルを配合した。

 角栓ができる大きな原因のひとつはターンオーバーのスピードが早まること。皮膚が何らかの刺激を受けて炎症が起こると表皮細胞の分裂が盛んになり、古くなった角層細胞がはがれ落ちるスピードが追いつかなくなって厚く重なってしまう。これが毛穴の中で皮脂と混ざり合い、強固に固まったものが角栓の正体だ。ゴボウエキスは炎症を抑えてターンオーバーのスピードを正常化し、角栓を作りにくくする作用があるという。

 洗顔料「シーバムケア クレンズ」に配合したオイルは、皮脂の主成分であるパルミチン酸を溶かす作用のあるラウロインサルコシンイソプロピル、炭酸ジカプリリル、ミリストイルメチルアミノプロピオン酸ヘキシルデシルの3種類を独自バランスで配合したもの。角栓の“接着剤”である皮脂を溶かしだすことで角栓を取り除くというというアプローチだ。

 価格は「シーバムケア クレンズ」が20mL入りで3675円で、「シーバムケア エッセンス」が20mL入りで5250円。週に2回の利用が目安という。初年度の販売は5億円を目標としている。(蓬莱明子、日経ヘルス)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
  2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
  5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
  6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
  7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
  8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
  9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
  10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
医師と医学研究者におすすめの英文校正