2006.04.21

ポーラから、多様な肌の悩みに対応する新ブランド 第1弾はゴボウエキス配合の角栓対策洗顔料&美容液

 ポーラ化粧品本舗はこのほど、シミ・シワ以外にも多様化している女性の肌の悩みに対応する新しいスキンケアブランド「アシスト ワン」を立ち上げた。第1弾としてTゾーンの毛穴を目立ちにくくする洗顔料と美容液を開発。5月1日に発売する。

 同社のこれまでのスキンケアラインは、シミとシワという肌の2大トラブルに対応したものが多い。「今回のブランドでは、それ以外の悩みを持つ人に対し、従来のラインにプラスして使っていただくことを想定している」と、同社広報の福田紘子氏。現在、敏感肌や季節の変わり目の肌の不調といった悩みに対応する商品を検討しており、今後、随時開発を進めていく予定だ。

 第1弾として今回新発売するのは、Tゾーンの毛穴を目立ちにくくする20〜30代向けの洗顔料「シーバムケア クレンズ」と美容液「シーバムケア エッセンス」の2品。同社の調査によると、この世代は、毛穴に角栓が詰まることで毛穴が広がってみえるケースが多いという。このため、「シーバムケア クレンズ」と「シーバムケア エッセンス」は、どちらにも角栓をできにくくするというゴボウエキスを配合。「シーバムケア クレンズ」には、できてしまった角栓を除去するオイルを配合した。

 角栓ができる大きな原因のひとつはターンオーバーのスピードが早まること。皮膚が何らかの刺激を受けて炎症が起こると表皮細胞の分裂が盛んになり、古くなった角層細胞がはがれ落ちるスピードが追いつかなくなって厚く重なってしまう。これが毛穴の中で皮脂と混ざり合い、強固に固まったものが角栓の正体だ。ゴボウエキスは炎症を抑えてターンオーバーのスピードを正常化し、角栓を作りにくくする作用があるという。

 洗顔料「シーバムケア クレンズ」に配合したオイルは、皮脂の主成分であるパルミチン酸を溶かす作用のあるラウロインサルコシンイソプロピル、炭酸ジカプリリル、ミリストイルメチルアミノプロピオン酸ヘキシルデシルの3種類を独自バランスで配合したもの。角栓の“接着剤”である皮脂を溶かしだすことで角栓を取り除くというというアプローチだ。

 価格は「シーバムケア クレンズ」が20mL入りで3675円で、「シーバムケア エッセンス」が20mL入りで5250円。週に2回の利用が目安という。初年度の販売は5億円を目標としている。(蓬莱明子、日経ヘルス)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56