2006.04.21

香り付き酸素缶で「吸うサプリ」 白元がセブン-イレブン限定で5月下旬に発売

 白元は、エッセンシャルオイルで香りを付けた酸素を吸う缶「オーツーサプリ」を、5月下旬に発売する。種類は、ペパーミントの香りの「オーツーサプリ 頭脳カン」と、グレープフルーツの香りの「オーツーサプリ カラダカン」の2種類。酸素濃度は95%で、いずれも香料には天然のエッセンシャルオイルを使用している。容量350mL強のスプレー缶に、圧縮した気体を3.2L入れた。1回あたり2秒の噴射で約35回使えるという。価格は税込みで600円。

 口にプラスチックス製のマスクを当てて酸素を吸う酸素缶には、無香料のものが多い。これらが主にスポーツの後や登山時に利用されているのに対して、白元の「オーツーサプリ」はドライブ時、仕事中などに気分をリフレッシュするために使ってもらおうと、香りを付けた。付属のアロマシートをマスクの内側に装着して使う。香りは約1週間持続するという。香りを付ける理由には、無香料タイプでは得にくい「吸った」という満足感を感じやすくするという狙いもあるのだという。

 「オーツーサプリ」はセブン-イレブン・ジャパンとの共同開発製品。全国のセブン-イレブンに限定して5月下旬から順次発売する。「吸うサプリ」としてサプリメントを販売する棚に並べたり、酸素の含有量が多い酸素強化水と一緒に冷蔵飲料のコーナーに並べたりする予定だという。(大屋奈緒子、日経ヘルス)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:315
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1041
  3. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:134
  4. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:414
  5. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:274
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:249
  7. なんで医師が投資をしちゃいけないの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:53
  9. 経口鉄剤:7割以上がフェロミアを支持 NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 高齢患者を救うDr.SUPERMAN リポート◎隠れた機能障害や生活上の問題点を拾い出す FBシェア数:44