2006.04.14

抗酸化力の高いアフリカのハーブ茶ジュアールティー 日本初のペットボトルタイプが4月21日に全国発売

 抗酸化力が高い茶として有名なアフリカのハーブティー、ジュアールティーを製造・販売する株式会社サンフィールド(福岡市)は、ジュアールティーのペットボトル飲料2商品を3月中旬から福岡・名古屋・札幌の3都市での先行発売したのに続き、4月21日に全国で販売を開始する。ジュアールティーがペットボトルとして流通するのは日本初。

 ジュアールティーは、アフリカ東部のケニアの農園で栽培された「カメリア シネンシス」が主原料のハーブ茶。現地の言葉で「JUA=太陽」と「ARDHI=大地」を意味する。今までは、ティーバックや煮出しタイプ、水・お湯に溶かすタイプが販売され、若い女性を中心に、輸入雑貨店などで人気を集めている。

 紅茶の色成分であるテアフラビンなどのポリフェノールを多く含み、強い抗酸化力を持つ。また、老化や生活習慣病の原因にもなるといわれる活性酸素を除去するSOD様活性は、紅茶や煎茶よりも高いといわれる。

 2商品とも、ビタミンCを配合することにより栄養機能食品とした。ジュアールティーをストレートに煮出した「ジュアールティーVC」は、ビタミンCを約270mg含む。また、「寒天ジュアールティー」は、煮出し液に寒天を約1g、整腸効果のあるガラクトオリゴ糖を約3g配合した。ほのかな甘味とアセロラの風味があり、1本21kcal。

 これらのお茶を飲むことで、美肌効果や体内の老化防止など、さまざまな効果が期待される。寒天入りのタイプは、便秘解消などの効果も期待できるという。

「ジュアールティーVC」は1本350mlで168円。「寒天ジュアールティー」は350ml、210円。賞味期限は未開封の状態で10カ月。販売は、ドラッグストアを主に、スーパー、一部百貨店、コンビニエンスストアで行う予定。初年度の出荷目標は5万ケース(約120万本)。(熊 介子、日経ヘルス)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5