2006.04.07

中性脂肪の上昇を抑えるトクホのウーロン茶 サントリーが5月16日に発売

 サントリーは、食後の中性脂肪の上昇を抑える特定保健用食品(トクホ)のウーロン茶「黒烏龍茶」を、5月16日に発売する。有効成分(特定保健用食品の関与成分)は、茶葉の発酵過程で生じるウーロン茶重合ポリフェノールで、1本(350ml)に、通常商品の約2倍量となる70mgを含む。カフェイン量は増やさずに、烏龍茶重合ポリフェノール量だけを増やしたという。価格は160円。

 同社は、食事と一緒に黒烏龍茶を飲んだ場合、食後の中性脂肪の上昇が約20%抑えられることを確認している。ウーロン茶重合ポリフェノールの、食事に含まれる脂肪分の吸収を抑える作用によるもので、便中への脂肪の排出量も増えるという。

 茶飲料のトクホでは、2003年に発売された花王の「ヘルシア緑茶」が大ヒット商品となった。カテキンを高濃度にした同製品では「体脂肪が気になる方へ」という健康強調表示が認められており、体についた体脂肪を落とす働きを訴求ポイントにしている。一方、黒烏龍茶の健康強調表示は、「脂肪の吸収を抑える」というもの。

 既についた脂肪を落とすヘルシア緑茶と、脂肪が体内へ入るのを水際で防ぐ黒烏龍茶。市場はどちらを支持するか。今後のシェア争いが注目される。

 サントリーは、血流の改善効果があるとされる既存商品「フラバン茶」についても、この3月にトクホの取得申請をしている。今後は、健康事業の売り上げを拡大したい考えだ。サプリメントなどを含む健康事業全体で2005年の売上高は260億円だったが、2008年には500億円の売り上げを目標としている。そのうち、健康飲料の売上高は、2005年の30億円から2008年は160億円に伸ばしたい考えだ。(小山千穂、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56