2006.04.07

カルボキシル基を有するARBはInverse Agonistとしての作用を発揮する

 AT1受容体はアンジオテンシンII(AII)だけでなく、機械的伸展刺激を介しても活性化され、心肥大において重要な役割を担っていることが明らかになってきた。このようなAT1受容体の活性化は、バルサルタン、カンデサルタン、オルメサルタンといったinverse agonistによって抑制することができる。しかしながら、ARBのinverse agonist作用に関しては不明な点が多い。このたび、千葉大学循環器病態医科学のYasuda Noritaka氏らは、ARBがinverse agonistとして作用するためには、カルボキシル基の存在が重要であることを報告した。

 Yasuda氏らはこれまで、各種ARBのinverse agonist作用を検討してきたが、ARBのなかでも、カルボキシル基を有さないロサルタンではinverse agonist活性が弱いことから、カンデサルタン(CV)のカルボキシル基を取り除いた誘導体CV11974-7H(CV-7H)を作成し、inverse agonist活性を比較検討した。

 AT1受容体を過剰発現しているHEK293細胞は機械的伸展刺激、AIIの何れでもERKsを活性化する。これに対し、CVは両者によるERKsの活性化を抑制したが、CV-7Hは高用量の投与によってAIIによるERKsの活性化は抑制したものの、機械的伸展刺激による活性化は抑制できなかった。つまり、カルボキシル基がinverse agonist作用を獲得するための重要な要素であると考えられる。

 しかし、このようなカンデサルタンのinverse agonist作用は、AT1受容体の257のグルタミンおよび287のスレオニンの変異によってカンデサルタンとの結合能が低下し、inverse agonist作用が減弱することが確認された。

 以上の結果から、Yasuda氏は、ARBのinverse agonist活性にはカルボキシル基の存在が重要であるとともに、AT1受容体の257グルタミンと287スレオニンがカルボキシル基との結合に関与していると推察するとともに、バルサルタンやオルメサルタンにおいても同様の結果が得られる可能性を指摘した。(中野哲史、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2