2006.04.07

カルボキシル基を有するARBはInverse Agonistとしての作用を発揮する

 AT1受容体はアンジオテンシンII(AII)だけでなく、機械的伸展刺激を介しても活性化され、心肥大において重要な役割を担っていることが明らかになってきた。このようなAT1受容体の活性化は、バルサルタン、カンデサルタン、オルメサルタンといったinverse agonistによって抑制することができる。しかしながら、ARBのinverse agonist作用に関しては不明な点が多い。このたび、千葉大学循環器病態医科学のYasuda Noritaka氏らは、ARBがinverse agonistとして作用するためには、カルボキシル基の存在が重要であることを報告した。

 Yasuda氏らはこれまで、各種ARBのinverse agonist作用を検討してきたが、ARBのなかでも、カルボキシル基を有さないロサルタンではinverse agonist活性が弱いことから、カンデサルタン(CV)のカルボキシル基を取り除いた誘導体CV11974-7H(CV-7H)を作成し、inverse agonist活性を比較検討した。

 AT1受容体を過剰発現しているHEK293細胞は機械的伸展刺激、AIIの何れでもERKsを活性化する。これに対し、CVは両者によるERKsの活性化を抑制したが、CV-7Hは高用量の投与によってAIIによるERKsの活性化は抑制したものの、機械的伸展刺激による活性化は抑制できなかった。つまり、カルボキシル基がinverse agonist作用を獲得するための重要な要素であると考えられる。

 しかし、このようなカンデサルタンのinverse agonist作用は、AT1受容体の257のグルタミンおよび287のスレオニンの変異によってカンデサルタンとの結合能が低下し、inverse agonist作用が減弱することが確認された。

 以上の結果から、Yasuda氏は、ARBのinverse agonist活性にはカルボキシル基の存在が重要であるとともに、AT1受容体の257グルタミンと287スレオニンがカルボキシル基との結合に関与していると推察するとともに、バルサルタンやオルメサルタンにおいても同様の結果が得られる可能性を指摘した。(中野哲史、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97