2006.04.01

たっぷりの量の健康食材でダイエット 3日で体重減、しかも美肌に――全米皮膚科学会報告

 抗酸化成分がしっかり含有され、さらに体にいい脂質と食物繊維などが豊富な食材によるダイエットメニューを採用し、「選ばれた食材を使うメニューの範囲で、しっかり食べる」。こんな方法のダイエットを3日間実行するだけで、体重減少とともに美肌になる−−こんなうれしい報告が3月初旬に米国サンフランシスコ市で開かれた全米皮膚科学会総会で発表された。
 
 報告したのは、カナダのヒルトップリサーチ(Hill TOP Research)と米国の著名な美容皮科医で肌にいい食事法を紹介するベストセラーの著書もあるニコラス・ペリコーン氏(N.V.Perricone,M.D.)のチーム。健康な女性31人にペリコーン氏が提唱するダイエットメニューを3日間食べさせて、ダイエット前(0日目)とダイエット後(4日目)に、レプリカ法という正確な皮膚の計測法で目尻のシワ、ほおの下がり具合などを調べた。メニューにある食材ならしっかり食べてもよいという方法で、特にカロリー制限は設けなかった。

 その結果、女性の平均体重は3日間で平均63.0kgから62.2kgとなり、0.8kg減った。また、レプリカ法で調べた肌の状態は31人中26人(83.87%)が改善し、「顔の皮膚の下がり具合の改善」、「肌のハリの改善」、「目尻のシワの減少」が優位差を持って確認できた。

 体重減少と美肌効果がともに確認できた今回のメニューの特徴は、抗酸化成分が多い果物やナッツ、魚などに特化した素材にある。
  
 メニューは以下の通り。メロン3個、ブラックベリー1パック、イチゴ3パック、ブラックオリーブ12個、リンゴ3個、洋なし3個、レモン9個、レタス3パック、ブロッコリ1.5個、アーモンド15粒、マカダミアナッツ4粒、卵1ダース、サーモン6切れ、七面鳥の胸肉約1kg、オーツ麦1コンテナ、オリーブオイル1本、ミネラルウオーター1ケース。この範囲なら3日間いくらでも食べることができた。(藤井省吾、日経ヘルス)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:177
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:34
  5. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:0
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  8. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:152
  9. 専門医機構の新理事長は医学会連合の寺本民生氏 2019年度の専攻医募集は「9月を目指す」 FBシェア数:0
  10. 熱中症で倒れた新撰組沖田総司 病と歴史への招待 FBシェア数:26
医師と医学研究者におすすめの英文校正