2006.04.01

たっぷりの量の健康食材でダイエット 3日で体重減、しかも美肌に――全米皮膚科学会報告

 抗酸化成分がしっかり含有され、さらに体にいい脂質と食物繊維などが豊富な食材によるダイエットメニューを採用し、「選ばれた食材を使うメニューの範囲で、しっかり食べる」。こんな方法のダイエットを3日間実行するだけで、体重減少とともに美肌になる−−こんなうれしい報告が3月初旬に米国サンフランシスコ市で開かれた全米皮膚科学会総会で発表された。
 
 報告したのは、カナダのヒルトップリサーチ(Hill TOP Research)と米国の著名な美容皮科医で肌にいい食事法を紹介するベストセラーの著書もあるニコラス・ペリコーン氏(N.V.Perricone,M.D.)のチーム。健康な女性31人にペリコーン氏が提唱するダイエットメニューを3日間食べさせて、ダイエット前(0日目)とダイエット後(4日目)に、レプリカ法という正確な皮膚の計測法で目尻のシワ、ほおの下がり具合などを調べた。メニューにある食材ならしっかり食べてもよいという方法で、特にカロリー制限は設けなかった。

 その結果、女性の平均体重は3日間で平均63.0kgから62.2kgとなり、0.8kg減った。また、レプリカ法で調べた肌の状態は31人中26人(83.87%)が改善し、「顔の皮膚の下がり具合の改善」、「肌のハリの改善」、「目尻のシワの減少」が優位差を持って確認できた。

 体重減少と美肌効果がともに確認できた今回のメニューの特徴は、抗酸化成分が多い果物やナッツ、魚などに特化した素材にある。
  
 メニューは以下の通り。メロン3個、ブラックベリー1パック、イチゴ3パック、ブラックオリーブ12個、リンゴ3個、洋なし3個、レモン9個、レタス3パック、ブロッコリ1.5個、アーモンド15粒、マカダミアナッツ4粒、卵1ダース、サーモン6切れ、七面鳥の胸肉約1kg、オーツ麦1コンテナ、オリーブオイル1本、ミネラルウオーター1ケース。この範囲なら3日間いくらでも食べることができた。(藤井省吾、日経ヘルス)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正