2006.04.01

たっぷりの量の健康食材でダイエット 3日で体重減、しかも美肌に――全米皮膚科学会報告

 抗酸化成分がしっかり含有され、さらに体にいい脂質と食物繊維などが豊富な食材によるダイエットメニューを採用し、「選ばれた食材を使うメニューの範囲で、しっかり食べる」。こんな方法のダイエットを3日間実行するだけで、体重減少とともに美肌になる−−こんなうれしい報告が3月初旬に米国サンフランシスコ市で開かれた全米皮膚科学会総会で発表された。
 
 報告したのは、カナダのヒルトップリサーチ(Hill TOP Research)と米国の著名な美容皮科医で肌にいい食事法を紹介するベストセラーの著書もあるニコラス・ペリコーン氏(N.V.Perricone,M.D.)のチーム。健康な女性31人にペリコーン氏が提唱するダイエットメニューを3日間食べさせて、ダイエット前(0日目)とダイエット後(4日目)に、レプリカ法という正確な皮膚の計測法で目尻のシワ、ほおの下がり具合などを調べた。メニューにある食材ならしっかり食べてもよいという方法で、特にカロリー制限は設けなかった。

 その結果、女性の平均体重は3日間で平均63.0kgから62.2kgとなり、0.8kg減った。また、レプリカ法で調べた肌の状態は31人中26人(83.87%)が改善し、「顔の皮膚の下がり具合の改善」、「肌のハリの改善」、「目尻のシワの減少」が優位差を持って確認できた。

 体重減少と美肌効果がともに確認できた今回のメニューの特徴は、抗酸化成分が多い果物やナッツ、魚などに特化した素材にある。
  
 メニューは以下の通り。メロン3個、ブラックベリー1パック、イチゴ3パック、ブラックオリーブ12個、リンゴ3個、洋なし3個、レモン9個、レタス3パック、ブロッコリ1.5個、アーモンド15粒、マカダミアナッツ4粒、卵1ダース、サーモン6切れ、七面鳥の胸肉約1kg、オーツ麦1コンテナ、オリーブオイル1本、ミネラルウオーター1ケース。この範囲なら3日間いくらでも食べることができた。(藤井省吾、日経ヘルス)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172