2006.04.01

玄米や全粒粉は心臓を守り、糖尿病や肥満にもなりにくくする

 玄米や、全粒粉のパンにパスタ。これらを主食にしていれば、心臓病にも糖尿病にもなりにくいことが、米国の研究で確認され、このほど「米臨床栄養学雑誌(Am. J. Clin. Nutr.)」に報告された。

 研究グループは、全粒穀物の摂取量によって938人の対象者を5段階に分類。一番たくさん全粒穀物を食べていたグループ(1日当たり平均約44g)では、心臓病の危険因子とされる血中ホモシステイン値が、ほとんど食べていない人に比べて17%も低かった。

 さらに、糖尿病の発症とかかわりの深いインスリン値やCペプチドの値も14%低くなっていた。さらに、肥満を助長するホルモン、レプチンの濃度も11%も低くなった。
 
 44gの全粒穀物は、例えば玄米なら、軽めのご飯1膳でとれる量だ。
 食物繊維はもちろん、ビタミンやミネラルも豊富な未精製の穀物を食卓にもっと取り入れた方がよさそうだ。(八倉巻尚子、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14