2006.04.01

玄米や全粒粉は心臓を守り、糖尿病や肥満にもなりにくくする

 玄米や、全粒粉のパンにパスタ。これらを主食にしていれば、心臓病にも糖尿病にもなりにくいことが、米国の研究で確認され、このほど「米臨床栄養学雑誌(Am. J. Clin. Nutr.)」に報告された。

 研究グループは、全粒穀物の摂取量によって938人の対象者を5段階に分類。一番たくさん全粒穀物を食べていたグループ(1日当たり平均約44g)では、心臓病の危険因子とされる血中ホモシステイン値が、ほとんど食べていない人に比べて17%も低かった。

 さらに、糖尿病の発症とかかわりの深いインスリン値やCペプチドの値も14%低くなっていた。さらに、肥満を助長するホルモン、レプチンの濃度も11%も低くなった。
 
 44gの全粒穀物は、例えば玄米なら、軽めのご飯1膳でとれる量だ。
 食物繊維はもちろん、ビタミンやミネラルも豊富な未精製の穀物を食卓にもっと取り入れた方がよさそうだ。(八倉巻尚子、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:651
  2. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:191
  3. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:1
  4. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  5. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. 高齢糖尿病のコントロール指標はHbA1cだけでは… 学会トピック〇第59回日本老年医学会/第30回日本老年学会 FBシェア数:289
  8. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:549
  9. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:227
  10. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:103