2006.04.01

玄米や全粒粉は心臓を守り、糖尿病や肥満にもなりにくくする

 玄米や、全粒粉のパンにパスタ。これらを主食にしていれば、心臓病にも糖尿病にもなりにくいことが、米国の研究で確認され、このほど「米臨床栄養学雑誌(Am. J. Clin. Nutr.)」に報告された。

 研究グループは、全粒穀物の摂取量によって938人の対象者を5段階に分類。一番たくさん全粒穀物を食べていたグループ(1日当たり平均約44g)では、心臓病の危険因子とされる血中ホモシステイン値が、ほとんど食べていない人に比べて17%も低かった。

 さらに、糖尿病の発症とかかわりの深いインスリン値やCペプチドの値も14%低くなっていた。さらに、肥満を助長するホルモン、レプチンの濃度も11%も低くなった。
 
 44gの全粒穀物は、例えば玄米なら、軽めのご飯1膳でとれる量だ。
 食物繊維はもちろん、ビタミンやミネラルも豊富な未精製の穀物を食卓にもっと取り入れた方がよさそうだ。(八倉巻尚子、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127