2006.04.01

玄米や全粒粉は心臓を守り、糖尿病や肥満にもなりにくくする

 玄米や、全粒粉のパンにパスタ。これらを主食にしていれば、心臓病にも糖尿病にもなりにくいことが、米国の研究で確認され、このほど「米臨床栄養学雑誌(Am. J. Clin. Nutr.)」に報告された。

 研究グループは、全粒穀物の摂取量によって938人の対象者を5段階に分類。一番たくさん全粒穀物を食べていたグループ(1日当たり平均約44g)では、心臓病の危険因子とされる血中ホモシステイン値が、ほとんど食べていない人に比べて17%も低かった。

 さらに、糖尿病の発症とかかわりの深いインスリン値やCペプチドの値も14%低くなっていた。さらに、肥満を助長するホルモン、レプチンの濃度も11%も低くなった。
 
 44gの全粒穀物は、例えば玄米なら、軽めのご飯1膳でとれる量だ。
 食物繊維はもちろん、ビタミンやミネラルも豊富な未精製の穀物を食卓にもっと取り入れた方がよさそうだ。(八倉巻尚子、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239