2006.03.29

阪大、カイメンからHUVECsの増殖を選択的に抑制する新規アルカロイドを同定

 大阪大学大学院薬学研究科教授の小林資正氏らの研究グループは、正常ヒト臍帯静脈血管内皮細胞(HUVECs)の増殖を選択的に抑制する新規アルカロイドcortistatin類をカイメンから同定することに成功した。将来の血管新生阻害型抗がん剤になる可能性のある化合物だ。成果は3月28日から30日に仙台市で開催されている日本薬学会で研究グループの渡部康雄氏(写真)が発表した。

 研究グループは各種海洋生物の抽出エキスをヒト咽頭上皮癌細胞(KB3-1)とHUVECsに適用し、選択的にHUVECsの増殖を抑制する成分の探索を行った。その結果、インドネシア・フローレス島で採取されたカイメン「Corticiumsimplex 」のメタノール抽出エキスにHUVECsを選択的に増殖抑制する効果を見出した。抑制活性を指標にクロマトグラフィで分離、精製を行い、新しい成分を同定、cortistatin類と名づけた。

 cortistatin類は、oxabicyclo〔3.2.1〕octene構造とisoquinoline 構造を持つ新規ステロイドアルカロイドだった。cortistatin類の4成分の1つであるcortistatin A はKB3-1、Neuro2A、K562の各種培養細胞と比較して、HUVECsに対して3000倍以上の選択的増殖抑制を示した。さらにHUVECs以外の血管内皮系細胞にもやや弱いながら増殖抑制効果を示したという。また、2nMから200nM の範囲で、細胞死は起こさずにHUVECsの増殖を抑制した。さらに濃度作用曲線がTMP-470などと同様な曲線を描くことから類似の作用気序が推測されるが、cortistatin類の毒性はかなり低いという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97