2006.03.29

阪大、カイメンからHUVECsの増殖を選択的に抑制する新規アルカロイドを同定

 大阪大学大学院薬学研究科教授の小林資正氏らの研究グループは、正常ヒト臍帯静脈血管内皮細胞(HUVECs)の増殖を選択的に抑制する新規アルカロイドcortistatin類をカイメンから同定することに成功した。将来の血管新生阻害型抗がん剤になる可能性のある化合物だ。成果は3月28日から30日に仙台市で開催されている日本薬学会で研究グループの渡部康雄氏(写真)が発表した。

 研究グループは各種海洋生物の抽出エキスをヒト咽頭上皮癌細胞(KB3-1)とHUVECsに適用し、選択的にHUVECsの増殖を抑制する成分の探索を行った。その結果、インドネシア・フローレス島で採取されたカイメン「Corticiumsimplex 」のメタノール抽出エキスにHUVECsを選択的に増殖抑制する効果を見出した。抑制活性を指標にクロマトグラフィで分離、精製を行い、新しい成分を同定、cortistatin類と名づけた。

 cortistatin類は、oxabicyclo〔3.2.1〕octene構造とisoquinoline 構造を持つ新規ステロイドアルカロイドだった。cortistatin類の4成分の1つであるcortistatin A はKB3-1、Neuro2A、K562の各種培養細胞と比較して、HUVECsに対して3000倍以上の選択的増殖抑制を示した。さらにHUVECs以外の血管内皮系細胞にもやや弱いながら増殖抑制効果を示したという。また、2nMから200nM の範囲で、細胞死は起こさずにHUVECsの増殖を抑制した。さらに濃度作用曲線がTMP-470などと同様な曲線を描くことから類似の作用気序が推測されるが、cortistatin類の毒性はかなり低いという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:240
  3. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:53
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:164
  6. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:102
  7. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:172
  8. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:75
  9. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  10. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正