2006.03.29

阪大、カイメンからHUVECsの増殖を選択的に抑制する新規アルカロイドを同定

 大阪大学大学院薬学研究科教授の小林資正氏らの研究グループは、正常ヒト臍帯静脈血管内皮細胞(HUVECs)の増殖を選択的に抑制する新規アルカロイドcortistatin類をカイメンから同定することに成功した。将来の血管新生阻害型抗がん剤になる可能性のある化合物だ。成果は3月28日から30日に仙台市で開催されている日本薬学会で研究グループの渡部康雄氏(写真)が発表した。

 研究グループは各種海洋生物の抽出エキスをヒト咽頭上皮癌細胞(KB3-1)とHUVECsに適用し、選択的にHUVECsの増殖を抑制する成分の探索を行った。その結果、インドネシア・フローレス島で採取されたカイメン「Corticiumsimplex 」のメタノール抽出エキスにHUVECsを選択的に増殖抑制する効果を見出した。抑制活性を指標にクロマトグラフィで分離、精製を行い、新しい成分を同定、cortistatin類と名づけた。

 cortistatin類は、oxabicyclo〔3.2.1〕octene構造とisoquinoline 構造を持つ新規ステロイドアルカロイドだった。cortistatin類の4成分の1つであるcortistatin A はKB3-1、Neuro2A、K562の各種培養細胞と比較して、HUVECsに対して3000倍以上の選択的増殖抑制を示した。さらにHUVECs以外の血管内皮系細胞にもやや弱いながら増殖抑制効果を示したという。また、2nMから200nM の範囲で、細胞死は起こさずにHUVECsの増殖を抑制した。さらに濃度作用曲線がTMP-470などと同様な曲線を描くことから類似の作用気序が推測されるが、cortistatin類の毒性はかなり低いという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:174
  2. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:39
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:48
  4. 67歳女性。右大腿の単発性赤褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:5
  6. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:80
  7. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:47
  8. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  9. 事業譲渡を迫る厚労省に翻弄される化血研 記者の眼 FBシェア数:0
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:44