2006.03.29

阪大、カイメンからHUVECsの増殖を選択的に抑制する新規アルカロイドを同定

 大阪大学大学院薬学研究科教授の小林資正氏らの研究グループは、正常ヒト臍帯静脈血管内皮細胞(HUVECs)の増殖を選択的に抑制する新規アルカロイドcortistatin類をカイメンから同定することに成功した。将来の血管新生阻害型抗がん剤になる可能性のある化合物だ。成果は3月28日から30日に仙台市で開催されている日本薬学会で研究グループの渡部康雄氏(写真)が発表した。

 研究グループは各種海洋生物の抽出エキスをヒト咽頭上皮癌細胞(KB3-1)とHUVECsに適用し、選択的にHUVECsの増殖を抑制する成分の探索を行った。その結果、インドネシア・フローレス島で採取されたカイメン「Corticiumsimplex 」のメタノール抽出エキスにHUVECsを選択的に増殖抑制する効果を見出した。抑制活性を指標にクロマトグラフィで分離、精製を行い、新しい成分を同定、cortistatin類と名づけた。

 cortistatin類は、oxabicyclo〔3.2.1〕octene構造とisoquinoline 構造を持つ新規ステロイドアルカロイドだった。cortistatin類の4成分の1つであるcortistatin A はKB3-1、Neuro2A、K562の各種培養細胞と比較して、HUVECsに対して3000倍以上の選択的増殖抑制を示した。さらにHUVECs以外の血管内皮系細胞にもやや弱いながら増殖抑制効果を示したという。また、2nMから200nM の範囲で、細胞死は起こさずにHUVECsの増殖を抑制した。さらに濃度作用曲線がTMP-470などと同様な曲線を描くことから類似の作用気序が推測されるが、cortistatin類の毒性はかなり低いという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84