2006.03.29

MRSAの市中感染が増えている! 外来患者から分離した黄色ブドウ球菌は72%が耐性化――米研究で明らかに

 従来、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)への暴露は、主に病院で起きていた。しかし近年、医療とは縁のない人々にもMRSA感染が見られるようになっている。米国ジョージア州アトランタで外来を訪れた黄色ブドウ球菌(S. aureus)による皮膚・軟部組織感染患者を対象に、集団発生ではないMRSA市中感染の状況を調べたところ、感染部位から分離された黄色ブドウ球菌の、実に72%がMRSAであり、その87%が市中感染型のMRSAクローンであることが判明した。米Beacon ClinicのMark D. King氏らの報告で、詳細は、Annals of Internal Medicine誌2006年3月7日号に掲載された。

 これまで、市中感染MRSAによる皮膚・軟部組織感染患者のほとんどは、矯正施設の被収容者や同性愛の男性、スポーツチームの選手など、特定の条件を持つ人々だった。そうした集団から分離されるMRSAの遺伝子型は、主として、パルスフィールド・ゲル電気泳動(PFGE)によって「USA 300」に分類される。一方、米国先住民の市中感染MRSAには「USA 400」タイプが多いと報告されている。

 USA 300とUSA 400は通常、ベータラクタム系抗菌剤とエリスロマイシンに耐性で、クリンダマイシン、トリメトプリム-スルファメトキサゾール配合剤、フルオロキノロンには感受性を示す。一方、医療関連MRSAは一般に多剤耐性を示す。

 著者らは、2003年8月1日から2003年11月15日の間に、アトランタの市街地にある1000床の病院と関連する外来施設を受診した外来患者の皮膚と軟部組織から採取された黄色ブドウ球菌の遺伝子型を同定した。また、各患者の医療歴を抽出、抗生物質感受性試験の結果も得た。

 結果として、384人の皮膚・軟部組織に黄色ブドウ球菌の感染があった。389検体を採取し、電気泳動(PFGE)の結果と抗生物質感受性をもとに、次の3群に分類した。

第1群: USA 300またはUSA 400だと確認された検体(244検体、63%)。PFGEを実施できなかった検体についてはベータラクタム系抗菌剤とエリスロマイシンのみに耐性を示したものを市中感染と判定した。
第2群: USA 300/USA 400以外(35検体、9%)。医療関連型に分類されるUSA 500、USA 100、USA 800と、ベータラクタム系抗菌剤とエリスロマイシン以外に1つ以上の抗生物質に耐性を示したもので、非市中感染と判定した。
第3群:メチシリン感受性S. aureus(MSSA)を示した献体(110検体、28%)。

 次に、電気泳動で同定されたMRSA検体175検体について分析したところ、市中感染型が159検体(91%)で、その99%(157検体)がUSA 300型だった。うち136検体(87%)はベータラムタム系抗菌剤とエリスロマイシンのみに耐性を示した。15検体(10%)はレボフロキサシン、4検体(3%)、はクリンダマイシン、1検体(1%)はリファンピシン、1検体はゲンタマイシンにも耐性だった。一方、非市中感染型を示した16検体中14検体(88%)は、ベータラクタム系とエリスロマイシン以外の抗生物質にも耐性を示した。

 感染者の特徴を調べたところ、多変量解析で市中感染MRSAとの関係が有意だったのは、黒人(有病比1.53)、女性(同1.16)、発症前12カ月間の入院(同0.80)だった。

 患者から分離された黄色ブドウ球菌株に対する有効性がin vitroで認められなかった抗生物質が投与された患者の割合は、市中感染型MRSA群では65%、感受性菌(MSSA)では1%で、有意な差が見られた。

 本研究により、黄色ブドウ球菌による皮膚・軟部組織感染の市中発症は、主に、USA 300によるものであり、多くの医師がMRSA感染だと認識していないために、MRSAには効果がないことが明らかなベータラムタム系抗菌剤などを投与していることが明らかになった。

皮膚・軟部組織の感染が重症化している患者には、市中感染型MRSAに有効なバンコマイシンなどを当初から用いるべきで、さらに重症で入院した患者については、院内感染を予防するためにも、バンコマイシンを第1選択薬にすべきだ、と著者らはいう。さらに、増加する市中感染型MRSAの継続的監視と、他地域における感染規模の評価が必要だ、と述べている。

 本論文の原題は「Emergence of Community-Acquired Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus USA 300 Clone as the Predominant Cause of Skin and Soft-Tissue Infections」。アブストラクトは、こちらで閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:409
  2. 新検査法の登場で百日咳の診断が変わる トレンド◎ガイドラインも改訂、早期診断・治療が可能に FBシェア数:284
  3. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  4. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:103
  5. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:472
  6. ディオバン事件告発の「成果」──結審を迎えて 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:40
  7. ヒトの健康と腸内細菌叢に関する最新情報 NEJM誌から FBシェア数:229
  8. ロラタジンが要指導医薬品に指定 ペミロラストカリウム点眼は要指導から第1類へ FBシェア数:65
  9. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  10. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:82