2006.03.29

茶のカテキンで心筋虚血後の心リモデリングを抑制、ラットの実験

 カテキンは炎症性に関与する遺伝子の発現を抑え、心筋虚血後の心室リモデリングを抑制する可能性のあることが、ラットの実験で明らかになった。東京医科歯科大学大学院循環制御内科学の鈴木淳一氏らが、「Tea Catechins Attenuate Chronic Remodeling after Myocardial Ischemia in Rats」と題して、日本循環器学会で発表した。

 お茶に含まれるカテキンには抗炎症作用があるといわれる。研究グループは、心筋虚血モデルラットを使い、カテキンの経口群(n=8)と塩水を服用した対照群(n=8)におけるカテキンの効果を比較した。カテキンの量は20mg/kgを1日に2回、これは人が1500mLの緑茶を飲んだ量に相当するという。

 この結果、対照群では摂取後、血圧が低下したが、カテキン群では14日以降、その低下の程度が抑えられていた(p<0.05)。28日後に摘出し、超音波心臓断層像ではカテキン群の心駆出率は48%、対照群は38%だった。また対照群では約20%に重度の心筋線維症が見られたが、カテキン群では12%(p<0.05)と少なかった。

 免疫組織化学的分析では、NF-κBとICAM-1の活性化がコントロール群で顕著だったが、 カテキン群では抑えられていた。抗炎症性サイトカインであるTh2 サイトカインmRNA の発現量は、カテキン群で促進していた。酵素電気泳動法では、MMP(マトリックス分解酵素)活性がカテキン群では見られなかった。

 これらのことから、カテキンは臨床においても、心筋虚血後の心室リモデリングの予防に役立つだろうと研究グループは結論づけている。「近々、ヒトに投与する実験を始める」と鈴木氏(写真左)は語っていた。(八倉巻尚子、医療ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130