2006.03.29

バルサルタンとACE阻害薬の併用はACE阻害薬単独投与より有用

 ACE阻害薬やARBによるレニン・アンジオテンシン系(RAS)の抑制は冠動脈疾患の発症率や死亡率を低下させることは様々な臨床試験により明らかにされている。しかし、ARBとACE阻害薬の併用がACE阻害薬単独投与よりも臨床的アウトカムを改善するかについては明確な結論が得られていない。このほど、横浜市立大学市民総合医療センターの矢野英人氏らは、バルサルタンとカプトプリルの併用は、急性心筋梗塞患者の狭窄部位の内腔を有意に増加させることをCVAS(Captopril Combined with Valsartan In Acute Myocardial Infarction Study)によって明らかにした。

 発症24時間以内のAMI患者で冠動脈造影にて有意狭窄を有する79例を対象とした。患者をバルサルタン(80mg/日)+カプトプリル(75mg/日)群(バルサルタン群:37例)と、カプトプリル単独群(単独群:42例)に無作為に割り付け、発症時と7カ月後の脂質プロファイル、炎症パラメータの変化を比較するとともに、狭窄部位をIVUSによって評価し、比較検討した。

 その結果、脂質プロファイル、炎症パラメータの変化に関しては両群間で有意差は認められなかったが、血漿中アルドステロン値とフォローアップ期間の平均収縮期血圧は、バルサルタン群で有意に低下していた(p=0.02、p=0.04)。

 また、IVUSによる評価の結果、単独群では、血管量、血管内腔量、プラーク量いずれも変化は認められなかったが、バルサルタン群ではベースラインに比し、有意な血管量、内腔量の増加が認められた(p=0.04、p=0.02)。そして、この増加量は単独群と比較しても有意であった(p=0.04)。しかし、バルサルタン群においてもプラーク量に関しては試験前後での変化は認められなかった。
 
 以上の結果より、矢野氏は、「バルサルタンとACE阻害薬の併用は、プラーク量を増加させることなく、狭窄部位の血管、内腔を拡張したことから、冠動脈の保護や、冠動脈イベント抑制の可能性が期待できる」とした。(中野哲史、医学ライター)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31