2006.03.29

バルサルタンは骨髄由来前駆細胞による動脈硬化の進展を抑制する

 アンジオテンシンII(AII)は様々な経路を介し、動脈硬化病変の形成および進展に関与し、ARBはこれを抑制することが報告されている。東京大学循環器内科学の福田大受氏は、AT1受容体を阻害することで、動脈硬化病変の形成およびプラークの構成が改善されることを報告するとともに、動脈硬化病変の形成には骨髄由来前駆細胞が関与するが、バルサルタンは心臓移植後の動脈硬化に対し予防的効果を示すことを報告した。

 同氏らはApoE-/-マウスに高用量のARBおよび低用量のARB、ヒドララジンを投与したところ、高用量のARBで大動脈の動脈硬化病巣が有意に抑制された。また、低用量のARBにおいても脂肪沈着の抑制、コラーゲンの沈着の促進が確認された。この抗動脈硬化作用はARBと同程度の降圧作用を示したヒドララジンでは認められなかったことから、ARBの直接的な作用と考えられる。

 さらに、ApoE-/-のAT1受容体をノックアウトしたマウスにおいても同様の結果が得られている。

 一方、動脈硬化形成には骨髄由来の前駆細胞が関与していることが報告されているが、福田氏らは、心移植モデルマウスに移植施行7日前よりバルサルタン10mg/kg/日を投与することで、動脈硬化病巣を有意に抑制することを確認した。そして、これらのマウスの骨髄由来前駆細胞を検討した結果、バルサルタン群では、平滑筋様細胞への分化が有意に抑制されていることを見いだした。

 以上の結果より、AT1受容体の阻害によって動脈硬化形成だけでなく、プラークの構成内容をも改善する。さらに、AT1受容体は骨髄由来の前駆細胞の分化および動員にも関与する可能性が示唆されると結んだ。(中野哲史、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1