2006.03.29

バルサルタンの高用量単剤投与は治療抵抗性の高齢の高血圧患者の収縮期血圧と脈圧を低下させる

 高齢者の高血圧は治療抵抗性を示す場合が多く、降圧薬の多剤併用による服薬コンプライアンスの低下を招き、JSH2004の治療目標値である140/90mmHgを達成することは難しい。岩砂病院第一循環器内科の藤澤攻氏らは、このような治療抵抗性の高血圧に対して、高用量バルサルタンの単剤投与に切り替えることによって従来薬に比べて収縮期血圧および脈圧を低下させることに成功した。

 対象は、アムロジピンとACE阻害薬またはARB標準用量の併用で収縮期血圧(SBP)140mmHg未満、拡張期血圧(DBP)90mmHg未満に管理できない65歳以上の外来高血圧患者10例(平均年齢72.9±6.0歳、男性5例、女性5例)。平均血圧は150.8±7.0mmHg/78.7±4.6mmHgだった。これらの患者にバルサルタン160mg/日1回投与に変更し、4週および8週後の血圧値、脈拍数、臨床検査値、心エコー検査値を変更前と比較検討した。

 その結果、バルサルタン単剤投与に変更後4週目には平均血圧は140.4±7.7mmHgと有意な低下が認められた(p<0.05)。一方、脈圧はバルサルタン投与に変更後4週目には平均74mmHgから64mmHgへ、8週後に65mmHgへと有意に低下した(p<0.05)。また、拡張期血圧、脈拍数、臨床検査値、心エコー検査値に関しては、投与前後で有意な変化は認められなかった。
 
 以上の結果より、バルサルタン高用量単剤投与は従来薬に比べて収縮期血圧、脈圧を低下させたことから、服薬コンプライアンスを考慮すれば、治療抵抗性高齢者高血圧に対する一つの選択肢となりうると藤澤氏は考察した。ただし、脈圧に関しては薬剤間での比較検討が十分でなく、今後の大規模臨床試験結果を待つ必要があることを付け加えた。(中野哲史、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14