2006.03.29

バルサルタンの高用量単剤投与は治療抵抗性の高齢の高血圧患者の収縮期血圧と脈圧を低下させる

 高齢者の高血圧は治療抵抗性を示す場合が多く、降圧薬の多剤併用による服薬コンプライアンスの低下を招き、JSH2004の治療目標値である140/90mmHgを達成することは難しい。岩砂病院第一循環器内科の藤澤攻氏らは、このような治療抵抗性の高血圧に対して、高用量バルサルタンの単剤投与に切り替えることによって従来薬に比べて収縮期血圧および脈圧を低下させることに成功した。

 対象は、アムロジピンとACE阻害薬またはARB標準用量の併用で収縮期血圧(SBP)140mmHg未満、拡張期血圧(DBP)90mmHg未満に管理できない65歳以上の外来高血圧患者10例(平均年齢72.9±6.0歳、男性5例、女性5例)。平均血圧は150.8±7.0mmHg/78.7±4.6mmHgだった。これらの患者にバルサルタン160mg/日1回投与に変更し、4週および8週後の血圧値、脈拍数、臨床検査値、心エコー検査値を変更前と比較検討した。

 その結果、バルサルタン単剤投与に変更後4週目には平均血圧は140.4±7.7mmHgと有意な低下が認められた(p<0.05)。一方、脈圧はバルサルタン投与に変更後4週目には平均74mmHgから64mmHgへ、8週後に65mmHgへと有意に低下した(p<0.05)。また、拡張期血圧、脈拍数、臨床検査値、心エコー検査値に関しては、投与前後で有意な変化は認められなかった。
 
 以上の結果より、バルサルタン高用量単剤投与は従来薬に比べて収縮期血圧、脈圧を低下させたことから、服薬コンプライアンスを考慮すれば、治療抵抗性高齢者高血圧に対する一つの選択肢となりうると藤澤氏は考察した。ただし、脈圧に関しては薬剤間での比較検討が十分でなく、今後の大規模臨床試験結果を待つ必要があることを付け加えた。(中野哲史、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正