2006.03.29

妊婦SAS検診の導入を提案、妊娠期でもCPAPで早期治療を

 「妊娠中の睡眠時無呼吸症候群(SAS)の発症は、母体よりも胎児に悪影響を及ぼしやすい。産科で妊婦SAS検診を導入して早期にCPAP治療を開始し、母体の低酸素血症を防ぐことで、胎児を守ってほしい」。愛知医科大学睡眠医療センターの塩見利明教授は、日本循環器学会のMeet the Expert「循環器疾患と睡眠時無呼吸症候群(SAS)」の中でこう話した。

 SAS患者は男性に多く、治療も男性に焦点を当ててきた。しかし、女性においても閉経後の冠動脈疾患や妊娠高血圧の原因の一つである。また、妊娠期には体重増加に伴い、脂肪が上気道を狭めるために閉塞性睡眠時無呼吸(OSAS)が生じやすく、睡眠中の低酸素血症により、「着床障害などによる不妊や、流産、妊娠高血圧、母体側低酸素性胎盤機能不全を生じやすい」と、塩見氏は「Gender Differences in Sleep Apnea Syndrome (SAS): Two Problems about Pregnancy and Menopause」と題した講演で話した。

 実際に塩見氏がSAS患者8人(26〜36歳)について調べたところ、複数の流産歴や子供に広汎性脳障害が生じた例もあったことがわかった。また重症のSAS患者が通院中に妊娠したが、CPAP治療を続け、無事に出産して子供にも異常は見られなかったという。こうした例から妊娠期のSAS発症を産科でも認識し、早期に治療を開始することが必要ではないかと提案した。

 また妊婦の約1割に見られるという高血圧症に対しても、ACE阻害薬やARBの服用が基本的には勧められていない現状において、SAS治療で一定の効果を期待できるのではないかとも述べた。(八倉巻尚子、医療ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:144
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:96
  5. 貯金?最悪!元本保証の呪縛から解き放たれよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  6. 「落ちこぼれ研修医が後輩に対してメンツを保つには… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  7. 新専門医制度、8月の専攻医募集開始に向け運用細則… 大都市の5都府県は定員に上限 FBシェア数:54
  8. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  9. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1837