2006.03.29

MS患者の高血圧に対するバルサルタン投与はインスリン抵抗性、慢性炎症反応や動脈壁の硬化度を改善

 メタボリックシンドローム(MS)は、2005年に内科学会を中心として診断基準が報告されてから、さらなる注目を集めているが、このほど、市立宇和島病院循環器内科の東晴彦氏らは、メタボリックシンドローム患者における高血圧に対してバルサルタンを投与することで、動脈硬化症の進展に関与するMSの様々な構成要素を改善することを報告した。

 東氏らは、NCEP ATP-III 注)の基準に合致する38例のメタボリックシンドロームを合併する高血圧患者を、バルサルタン群(80〜160mg/日)とアムロジピン群(2.5〜5mg/日)に無作為に割り付けし、6カ月後の左室心筋重量(LVMI)、BNP、インスリン抵抗性(HOMA-IR)、炎症反応(hs-CRP)、血管壁性状を比較検討した。

 その結果、6カ月後の血圧は、両群でベースラインに比し有意に低下していたが(p<0.05)、両群間に有意差は認められなかった。また、LVMI、BNPも両群において、ベースラインに比し有意な低下が認められたが(p<0.05)、バルサルタン群ではアムロジピン群より有意であった(p<0.05)。

 一方、HOMA-IR、hs-CRP、血管壁硬化度、PWVに関しては、バルサルタン群でベースラインとアムロジピン群に比し、有意な低下が認められたが(p<0.05)、アムロジピン群ではベースラインと比較して統計学的な有意差は得られなかった。

 以上の結果から、東氏は、バルサルタンは降圧効果に加え、インスリン抵抗性や慢性炎症反応、動脈壁性状など様々な動脈硬化の進展に関わる要素の改善作用を有することが示されたとする。そして、これらの作用は両群間の血圧の低下度に差がなかったことから、降圧を超えた作用であると結論した。(中野哲史、医学ライター)


注)米国コレステロール教育プログラム(NCEP)の専門委員会が発表した「成人高コレステロール血症の予防・管理に関する診療ガイドライン」の改訂版(ATP III)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正