2006.03.29

MS患者の高血圧に対するバルサルタン投与はインスリン抵抗性、慢性炎症反応や動脈壁の硬化度を改善

 メタボリックシンドローム(MS)は、2005年に内科学会を中心として診断基準が報告されてから、さらなる注目を集めているが、このほど、市立宇和島病院循環器内科の東晴彦氏らは、メタボリックシンドローム患者における高血圧に対してバルサルタンを投与することで、動脈硬化症の進展に関与するMSの様々な構成要素を改善することを報告した。

 東氏らは、NCEP ATP-III 注)の基準に合致する38例のメタボリックシンドロームを合併する高血圧患者を、バルサルタン群(80〜160mg/日)とアムロジピン群(2.5〜5mg/日)に無作為に割り付けし、6カ月後の左室心筋重量(LVMI)、BNP、インスリン抵抗性(HOMA-IR)、炎症反応(hs-CRP)、血管壁性状を比較検討した。

 その結果、6カ月後の血圧は、両群でベースラインに比し有意に低下していたが(p<0.05)、両群間に有意差は認められなかった。また、LVMI、BNPも両群において、ベースラインに比し有意な低下が認められたが(p<0.05)、バルサルタン群ではアムロジピン群より有意であった(p<0.05)。

 一方、HOMA-IR、hs-CRP、血管壁硬化度、PWVに関しては、バルサルタン群でベースラインとアムロジピン群に比し、有意な低下が認められたが(p<0.05)、アムロジピン群ではベースラインと比較して統計学的な有意差は得られなかった。

 以上の結果から、東氏は、バルサルタンは降圧効果に加え、インスリン抵抗性や慢性炎症反応、動脈壁性状など様々な動脈硬化の進展に関わる要素の改善作用を有することが示されたとする。そして、これらの作用は両群間の血圧の低下度に差がなかったことから、降圧を超えた作用であると結論した。(中野哲史、医学ライター)


注)米国コレステロール教育プログラム(NCEP)の専門委員会が発表した「成人高コレステロール血症の予防・管理に関する診療ガイドライン」の改訂版(ATP III)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25