2006.03.29

MS患者の高血圧に対するバルサルタン投与はインスリン抵抗性、慢性炎症反応や動脈壁の硬化度を改善

 メタボリックシンドローム(MS)は、2005年に内科学会を中心として診断基準が報告されてから、さらなる注目を集めているが、このほど、市立宇和島病院循環器内科の東晴彦氏らは、メタボリックシンドローム患者における高血圧に対してバルサルタンを投与することで、動脈硬化症の進展に関与するMSの様々な構成要素を改善することを報告した。

 東氏らは、NCEP ATP-III 注)の基準に合致する38例のメタボリックシンドロームを合併する高血圧患者を、バルサルタン群(80〜160mg/日)とアムロジピン群(2.5〜5mg/日)に無作為に割り付けし、6カ月後の左室心筋重量(LVMI)、BNP、インスリン抵抗性(HOMA-IR)、炎症反応(hs-CRP)、血管壁性状を比較検討した。

 その結果、6カ月後の血圧は、両群でベースラインに比し有意に低下していたが(p<0.05)、両群間に有意差は認められなかった。また、LVMI、BNPも両群において、ベースラインに比し有意な低下が認められたが(p<0.05)、バルサルタン群ではアムロジピン群より有意であった(p<0.05)。

 一方、HOMA-IR、hs-CRP、血管壁硬化度、PWVに関しては、バルサルタン群でベースラインとアムロジピン群に比し、有意な低下が認められたが(p<0.05)、アムロジピン群ではベースラインと比較して統計学的な有意差は得られなかった。

 以上の結果から、東氏は、バルサルタンは降圧効果に加え、インスリン抵抗性や慢性炎症反応、動脈壁性状など様々な動脈硬化の進展に関わる要素の改善作用を有することが示されたとする。そして、これらの作用は両群間の血圧の低下度に差がなかったことから、降圧を超えた作用であると結論した。(中野哲史、医学ライター)


注)米国コレステロール教育プログラム(NCEP)の専門委員会が発表した「成人高コレステロール血症の予防・管理に関する診療ガイドライン」の改訂版(ATP III)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449