2006.03.29

MS患者の高血圧に対するバルサルタン投与はインスリン抵抗性、慢性炎症反応や動脈壁の硬化度を改善

 メタボリックシンドローム(MS)は、2005年に内科学会を中心として診断基準が報告されてから、さらなる注目を集めているが、このほど、市立宇和島病院循環器内科の東晴彦氏らは、メタボリックシンドローム患者における高血圧に対してバルサルタンを投与することで、動脈硬化症の進展に関与するMSの様々な構成要素を改善することを報告した。

 東氏らは、NCEP ATP-III 注)の基準に合致する38例のメタボリックシンドロームを合併する高血圧患者を、バルサルタン群(80〜160mg/日)とアムロジピン群(2.5〜5mg/日)に無作為に割り付けし、6カ月後の左室心筋重量(LVMI)、BNP、インスリン抵抗性(HOMA-IR)、炎症反応(hs-CRP)、血管壁性状を比較検討した。

 その結果、6カ月後の血圧は、両群でベースラインに比し有意に低下していたが(p<0.05)、両群間に有意差は認められなかった。また、LVMI、BNPも両群において、ベースラインに比し有意な低下が認められたが(p<0.05)、バルサルタン群ではアムロジピン群より有意であった(p<0.05)。

 一方、HOMA-IR、hs-CRP、血管壁硬化度、PWVに関しては、バルサルタン群でベースラインとアムロジピン群に比し、有意な低下が認められたが(p<0.05)、アムロジピン群ではベースラインと比較して統計学的な有意差は得られなかった。

 以上の結果から、東氏は、バルサルタンは降圧効果に加え、インスリン抵抗性や慢性炎症反応、動脈壁性状など様々な動脈硬化の進展に関わる要素の改善作用を有することが示されたとする。そして、これらの作用は両群間の血圧の低下度に差がなかったことから、降圧を超えた作用であると結論した。(中野哲史、医学ライター)


注)米国コレステロール教育プログラム(NCEP)の専門委員会が発表した「成人高コレステロール血症の予防・管理に関する診療ガイドライン」の改訂版(ATP III)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84