2006.03.28

【訂正】動脈壁硬化の改善により冠動脈イベント発症抑制が期待できるバルサルタン

 愛媛大学第二内科の渡邊早苗氏らは、以前に、左室肥大またはインスリン抵抗性を有する本態性高血圧患者では、動脈壁の膨張性や拡張期灌流の低下が認められることを報告した。これらは動脈硬化の進展に関与すると考えられている。一方、最近ではARBが動脈壁硬化を改善することが脈波伝達速度(PWV)の評価により示唆されている。

 同氏らは、本態性高血圧患者に対してバルサルタンを長期投与することで、動脈壁硬化を改善し、冠動脈イベント発症を抑制しうることを報告した。

 今回対象としたのは本態性高血圧患者24例(男性13例、女性11例、平均年齢65歳、治療前平均血圧160/89mmHg)で、バルサルタンは40〜80mg/日投与した。投与前、投与12カ月後、同24カ月後に血圧と脈拍、Bモードエコーにより内膜-中膜厚(IMT)、プラークスコア(PS)、cross-sectional distensibility coefficient(CSDC)、stiffness β、Vd(平均拡張速度)/Vs(平均収縮速度)ratioを評価した。

 その結果バルサルタン投与により、投与12カ月後および24カ月後の血圧はそれぞれ、143/80mmHg、141/82mmHgと有意に低下した(p<0.05)。平均IMT、および最大IMT、PSには治療前後で有意な変化は認められなかった。

 また、治療前に比べ治療12カ月後のCSDCには有意な変化は認められなかったが、治療前および治療12カ月後に比べ治療24カ月後のCSDCは1.84±0.93×10-3/mmHg、2.03±1.03×10-3/mmHg→3.05±1.81×10-3/mmHgと有意に上昇していた(p<0.05)。

 stiffness βは治療前と治療12週後では有意な変化は認められなかったが、治療前に比べ治療24週後には12.8±9.2→8.6±5.1と有意に低下していた(p<0.05)。治療前に比べ、Vd/Vs ratioは治療12週後には有意な変化は認められなかったが、治療24週後には0.47±0.11→0.50±0.11と有意に上昇していた(p<0.05)。

 これらの結果から渡邊氏は、バルサルタンの長期投与は動脈壁硬化および血行動態を改善し、本態性高血圧患者の冠動脈イベント発症を抑制しうると述べた。(中野哲史、医学ライター)


訂正 本文の第3〜第6段落に投与後の治療期間などとして、「12週後」「24週後」とありましたが、いずれも「12カ月後」「24カ月後」の誤りでした。お詫びして上記のように訂正いたします。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25