2006.03.28

【訂正】動脈壁硬化の改善により冠動脈イベント発症抑制が期待できるバルサルタン

 愛媛大学第二内科の渡邊早苗氏らは、以前に、左室肥大またはインスリン抵抗性を有する本態性高血圧患者では、動脈壁の膨張性や拡張期灌流の低下が認められることを報告した。これらは動脈硬化の進展に関与すると考えられている。一方、最近ではARBが動脈壁硬化を改善することが脈波伝達速度(PWV)の評価により示唆されている。

 同氏らは、本態性高血圧患者に対してバルサルタンを長期投与することで、動脈壁硬化を改善し、冠動脈イベント発症を抑制しうることを報告した。

 今回対象としたのは本態性高血圧患者24例(男性13例、女性11例、平均年齢65歳、治療前平均血圧160/89mmHg)で、バルサルタンは40〜80mg/日投与した。投与前、投与12カ月後、同24カ月後に血圧と脈拍、Bモードエコーにより内膜-中膜厚(IMT)、プラークスコア(PS)、cross-sectional distensibility coefficient(CSDC)、stiffness β、Vd(平均拡張速度)/Vs(平均収縮速度)ratioを評価した。

 その結果バルサルタン投与により、投与12カ月後および24カ月後の血圧はそれぞれ、143/80mmHg、141/82mmHgと有意に低下した(p<0.05)。平均IMT、および最大IMT、PSには治療前後で有意な変化は認められなかった。

 また、治療前に比べ治療12カ月後のCSDCには有意な変化は認められなかったが、治療前および治療12カ月後に比べ治療24カ月後のCSDCは1.84±0.93×10-3/mmHg、2.03±1.03×10-3/mmHg→3.05±1.81×10-3/mmHgと有意に上昇していた(p<0.05)。

 stiffness βは治療前と治療12週後では有意な変化は認められなかったが、治療前に比べ治療24週後には12.8±9.2→8.6±5.1と有意に低下していた(p<0.05)。治療前に比べ、Vd/Vs ratioは治療12週後には有意な変化は認められなかったが、治療24週後には0.47±0.11→0.50±0.11と有意に上昇していた(p<0.05)。

 これらの結果から渡邊氏は、バルサルタンの長期投与は動脈壁硬化および血行動態を改善し、本態性高血圧患者の冠動脈イベント発症を抑制しうると述べた。(中野哲史、医学ライター)


訂正 本文の第3〜第6段落に投与後の治療期間などとして、「12週後」「24週後」とありましたが、いずれも「12カ月後」「24カ月後」の誤りでした。お詫びして上記のように訂正いたします。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1