2006.03.28

アンジオテンシンIIとTNF-αの阻害によって血管の炎症反応を相乗的に抑制

 レニン・アンジオテンシンシステム(RAS)は動脈硬化の成因や血管再狭窄において主要な役割を果たすことが知られている。しかし、RASの阻害が常に血管再狭窄を抑制するとは限らない。今回、東京大学循環器内科の高橋政夫氏らは、アンジオテンシンII(AII)および、TNF-αを同時に阻害することで血管の炎症反応が相乗的に抑制されることを実験的に確認した。

 高橋氏らは、まず、Wistarラットの血管平滑筋細胞を用い、TNF-αまたはAIIの投与によるMCP-1の発現、ROS(活性酸素種)の産成を検討したところ、AIIまたはTNF-α投与によりMCP-1発現、ROS産生は有意に増強し、両者の併用によって相乗的となることを確認した。この相乗作用はレセプターレベルでは増強しないことから、その上流で相乗作用を発揮していると推察している。

 また、AIIおよびTNF-αによるROSの誘導、MCP-1発現の増強はROS阻害剤により抑制された。

 さらに、ラットwire injury modelにおける新生内膜形成、マクロファージ浸潤、MCP-1の発現はバルサルタンとTNF-αを阻害するアデノウイルス(AdTNFRΔC)の投与によって有意に抑制され、併用によって相乗的な抑制効果が得られている。

 以上の結果より、高橋氏は、RASとTNF-αは相乗的に作用することで、ROSの誘導、MCP-1の過剰発現、さらにはマクロファージの浸潤といった血管の炎症反応を惹起していると推察している。(中野哲史、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
  4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
  5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
  6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
  7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
  8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
  9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
  10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
医師と医学研究者におすすめの英文校正