2006.03.28

アンジオテンシンIIとTNF-αの阻害によって血管の炎症反応を相乗的に抑制

 レニン・アンジオテンシンシステム(RAS)は動脈硬化の成因や血管再狭窄において主要な役割を果たすことが知られている。しかし、RASの阻害が常に血管再狭窄を抑制するとは限らない。今回、東京大学循環器内科の高橋政夫氏らは、アンジオテンシンII(AII)および、TNF-αを同時に阻害することで血管の炎症反応が相乗的に抑制されることを実験的に確認した。

 高橋氏らは、まず、Wistarラットの血管平滑筋細胞を用い、TNF-αまたはAIIの投与によるMCP-1の発現、ROS(活性酸素種)の産成を検討したところ、AIIまたはTNF-α投与によりMCP-1発現、ROS産生は有意に増強し、両者の併用によって相乗的となることを確認した。この相乗作用はレセプターレベルでは増強しないことから、その上流で相乗作用を発揮していると推察している。

 また、AIIおよびTNF-αによるROSの誘導、MCP-1発現の増強はROS阻害剤により抑制された。

 さらに、ラットwire injury modelにおける新生内膜形成、マクロファージ浸潤、MCP-1の発現はバルサルタンとTNF-αを阻害するアデノウイルス(AdTNFRΔC)の投与によって有意に抑制され、併用によって相乗的な抑制効果が得られている。

 以上の結果より、高橋氏は、RASとTNF-αは相乗的に作用することで、ROSの誘導、MCP-1の過剰発現、さらにはマクロファージの浸潤といった血管の炎症反応を惹起していると推察している。(中野哲史、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:226
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:95
  4. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  5. <胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:41
  6. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:49
  7. 専門医機構の内部資料が流出 ニュース追跡◎新専門医制度の持続のために必要なことは何だ? FBシェア数:255
  8. 職員の腕にタトゥー、報告を受けた院長の狼狽 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:102
  9. 心不全=利尿薬はもう古い!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:264
  10. 究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正