2006.03.28

バルサルタンは血流中を循環する単球に発現する接着分子を減少させる

 動脈硬化の発症や進展には血管内皮細胞の障害と単球の内皮への接着、内皮下への遊走が大きくかかわっている。大分医科大学第二内科の渡邉充氏らは、高血圧患者の単球表面に発現する接着分子を、降圧効果とは独立したバルサルタンの抗動脈硬化作用によって有意に減少させることを示した。

 対象は未治療高血圧患者12例(男性7、女性5、平均年齢60±9.9歳)で、試験開始前およびバルサルタン(80mg/日)投与4週後、16週後に血圧測定と空腹時採血を行った。接着分子は、フローサイトメトリーにて末梢血単球上のCD11b、CD18(血管内皮上のICAM-1、VCAM-1のカウンター受容体)、CD54(ICAM-1)、CD62L(L-selectin)を測定し、蛍光染色の平均濃度にて評価した。

 その結果、バルサルタンの16週間の投与により、収縮期血圧は173±19mmHgから144±11mmHgに、拡張期血圧は103±17mmHgから89±11mmHgに有意に低下した(p<0.05)。また、単球上のCD11b、CD18、CD54、CD62Lはバルサルタン投与16週後にそれぞれ600±334から274±111(p=0.024)、596±309から328±131(p=0.036)、188±41から137±28(p=0.039)、204±71から149±71(p=0.003)へと有意に低下した。しかし、血圧の低下率と接着分子の低下率には有意な相関は認められなかった。

 以上の結果より、渡邉氏は、バルサルタンは未治療高血圧患者における末梢血単球表面上の接着分子を有意に低下させるが、この作用はバルサルタンの降圧効果によるものではなく、独立した抗動脈硬化作用と推察することができると述べた。(中野哲史、医学ライター)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:651
  2. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:191
  3. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:1
  4. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  5. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. 高齢糖尿病のコントロール指標はHbA1cだけでは… 学会トピック〇第59回日本老年医学会/第30回日本老年学会 FBシェア数:289
  8. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:549
  9. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:227
  10. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:103