2006.03.28

バルサルタンは血流中を循環する単球に発現する接着分子を減少させる

 動脈硬化の発症や進展には血管内皮細胞の障害と単球の内皮への接着、内皮下への遊走が大きくかかわっている。大分医科大学第二内科の渡邉充氏らは、高血圧患者の単球表面に発現する接着分子を、降圧効果とは独立したバルサルタンの抗動脈硬化作用によって有意に減少させることを示した。

 対象は未治療高血圧患者12例(男性7、女性5、平均年齢60±9.9歳)で、試験開始前およびバルサルタン(80mg/日)投与4週後、16週後に血圧測定と空腹時採血を行った。接着分子は、フローサイトメトリーにて末梢血単球上のCD11b、CD18(血管内皮上のICAM-1、VCAM-1のカウンター受容体)、CD54(ICAM-1)、CD62L(L-selectin)を測定し、蛍光染色の平均濃度にて評価した。

 その結果、バルサルタンの16週間の投与により、収縮期血圧は173±19mmHgから144±11mmHgに、拡張期血圧は103±17mmHgから89±11mmHgに有意に低下した(p<0.05)。また、単球上のCD11b、CD18、CD54、CD62Lはバルサルタン投与16週後にそれぞれ600±334から274±111(p=0.024)、596±309から328±131(p=0.036)、188±41から137±28(p=0.039)、204±71から149±71(p=0.003)へと有意に低下した。しかし、血圧の低下率と接着分子の低下率には有意な相関は認められなかった。

 以上の結果より、渡邉氏は、バルサルタンは未治療高血圧患者における末梢血単球表面上の接着分子を有意に低下させるが、この作用はバルサルタンの降圧効果によるものではなく、独立した抗動脈硬化作用と推察することができると述べた。(中野哲史、医学ライター)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84