2006.03.27

【インフルエンザ速報】学校患者報告は前報の半数以下に、学級閉鎖なども129校にとどまる――学校患者数報告第17報

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年3月27日に発表したインフルエンザ様疾患発生報告2005−2006年シーズン第17報によると、2006年3月12日〜3月18日には、全国の学校などにおける児童・生徒の患者数は前報(3月5日〜3月11日)の6554人から約55%減少し、2923人になった。欠席者数も前報の3910人から1619人へとほぼ6割減った。学級閉鎖などがあった施設は129校で、このうち、学級閉鎖は全国で77校、学年閉鎖43校、休校は9校だった。

 第17報の詳細は感染症情報センターWebサイトのこちらで閲覧できる(PDFファイル)。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 医師の「肩書き」がモノを言うとき 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:110
  3. 49歳男性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. あまりフレンドリーな医療者にならないようにしてい… 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:200
  5. 糖尿病患者に癌の発症が多いワケ 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:209
  6. スマホアプリによる血圧管理、上乗せ効果認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:81
  7. 抗体医薬の登場で片頭痛診療は大きく進歩します 慶應義塾大学神経内科専任講師の柴田護氏に聞く FBシェア数:213
  8. 2018改定で加算算定ルール変更、収入差10倍も 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:31
  9. 美人尼の介護を受けた晩年の良寛 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 原発性アルドステロン症の機能検査で病型を予測 学会トピック◎第91回日本内分泌学会学術総会 FBシェア数:72
医師と医学研究者におすすめの英文校正