2006.03.27

5剤以上に耐性のある結核が世界的に増加中、CDCとWHOが発表

 米国疾病対策センター(CDC)と世界保健機関(WHO)は3月24日、第1選択薬をはじめ、5剤以上に耐性のある結核「XDR(extensively drug-resistant)TB」が、2000〜2004年にかけ、世界中で増加傾向にある、とする調査結果を公表した。

 韓国を除く調査対象の国の総XDR-TB数は、2000年には14例だったが、2004年には34例に増えている。また韓国では、2004年のデータしか明らかではないものの、同年のXDR-TBは200例にも上った。

 これは、WHOとCDCが、2000から2004年にかけて、世界6大陸に位置する25カ所の結核試験センターを対象に行った調査結果で、CDCが毎週発行する死亡率や罹患率に関する報告書、Morbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)3月14日号で発表したものだ。

 調査対象となった結核菌総数は1万7690株で、そのうち20%が第1選択薬であるイソニアジドとリファムピンに耐性を示す多剤耐性結核(MDR-TB)だった。第1選択薬のみならず第2選択薬6クラスのうち3剤以上に耐性を示すXDR-TBは、全体の2%に上った。

 調査対象となった国のうち、日本や米国を含む先進国について見てみると、2000年に3例だったXDR-TB数は、2004年には25例に増加している。韓国を除くアジア地域では、2000〜2002年には報告されていなかったXDR-TBは、2003〜2004年にはそれぞれ2例になっている。

 一方、米国の行った別の調査結果では、1993〜2004年にかけて集めた16万9654株の結核菌に関する薬剤耐性が明らかになった。これによると、1.6%にあたる2689株がMDR-TB、そのうち4.1%の74株がXDR-TBだった。

 米国の調査結果によると、1993〜2002年の調査で、XDR-TB感染者はMDR-TB感染者に比べ、治療中に死亡する確率が1.6倍になるとしている(95%信頼区間:1.2〜2.2、p=0.01)。

 CDCのMMWR誌に掲載された報告の原題は、「Emergence of Mycobacterium tuberculosis with Extensive Resistance to Second-Line Drugs --- Worldwide, 2000--2004」。全文をこちらで閲覧できる。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14