2006.03.27

肥大型心筋症患者におけるバルサルタンによる心筋微小循環改善効果を、心内膜下拡張機能によって推測

 無症状の肥大型心筋症、高血圧性心肥大では冠動脈病変は存在しないが、しばしば心筋微小循環が障害されていることが知られている。このたび、奈良県立医科大学総合医療病態検査学の藤本眞一氏らは、バルサルタンによる肥大型心筋症患者の心筋微小循環改善効果は、心内膜下拡張能を事前に評価することによって推測できることを報告した。
 
 対象は、肥大型心筋症患者21例で、全例にバルサルタン40mg/日を12週間投与した。治療開始前後の心筋灌流(心筋血流量)は心筋コントラストエコーにて、心内膜下拡張能はstrain rate imaging(拡張期peak strain rate:SR-diaおよび拡張期差室弛緩遅延:T-dia)にて評価した。20例のボランティアをコントロール群として比較した。

 結果は、治療前の心筋血流およびSR-diaはコントロール群に比して有意に減少、T-diaは有意に上昇していた(p<0.05)。バルサルタン治療12週後、心筋血流がコントロール群のレベルまで上昇したものは12例だった。この改善した12例と改善しなかった9例におけるベースラインの特徴を検討した結果、改善しなかった9例でのT-diaは有意に高値を、SR-diaは有意に低値を示していた。つまり、心内膜下拡張機能が維持されている群で、バルサルタンによる心筋微小循環の改善効果が認められたと考えることができる。

 以上の結果より、藤本氏は、肥大型心筋症患者におけるARBの心筋血流改善効果は投与前に心内膜下拡張機能の評価することで、推測することができるのではないかとした。(中野哲史、医学ライター)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  2. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:309
  5. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 「株主優待」目当ての投資では資産は増えない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:31
  7. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:238
  8. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:391
  9. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1639
  10. 起立性調節障害に対する漢方の効果は? 富野浩充の「当直室からこんばんは」 FBシェア数:20