2006.03.27

肥大型心筋症患者におけるバルサルタンによる心筋微小循環改善効果を、心内膜下拡張機能によって推測

 無症状の肥大型心筋症、高血圧性心肥大では冠動脈病変は存在しないが、しばしば心筋微小循環が障害されていることが知られている。このたび、奈良県立医科大学総合医療病態検査学の藤本眞一氏らは、バルサルタンによる肥大型心筋症患者の心筋微小循環改善効果は、心内膜下拡張能を事前に評価することによって推測できることを報告した。
 
 対象は、肥大型心筋症患者21例で、全例にバルサルタン40mg/日を12週間投与した。治療開始前後の心筋灌流(心筋血流量)は心筋コントラストエコーにて、心内膜下拡張能はstrain rate imaging(拡張期peak strain rate:SR-diaおよび拡張期差室弛緩遅延:T-dia)にて評価した。20例のボランティアをコントロール群として比較した。

 結果は、治療前の心筋血流およびSR-diaはコントロール群に比して有意に減少、T-diaは有意に上昇していた(p<0.05)。バルサルタン治療12週後、心筋血流がコントロール群のレベルまで上昇したものは12例だった。この改善した12例と改善しなかった9例におけるベースラインの特徴を検討した結果、改善しなかった9例でのT-diaは有意に高値を、SR-diaは有意に低値を示していた。つまり、心内膜下拡張機能が維持されている群で、バルサルタンによる心筋微小循環の改善効果が認められたと考えることができる。

 以上の結果より、藤本氏は、肥大型心筋症患者におけるARBの心筋血流改善効果は投与前に心内膜下拡張機能の評価することで、推測することができるのではないかとした。(中野哲史、医学ライター)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31