2006.03.27

肥大型心筋症患者におけるバルサルタンによる心筋微小循環改善効果を、心内膜下拡張機能によって推測

 無症状の肥大型心筋症、高血圧性心肥大では冠動脈病変は存在しないが、しばしば心筋微小循環が障害されていることが知られている。このたび、奈良県立医科大学総合医療病態検査学の藤本眞一氏らは、バルサルタンによる肥大型心筋症患者の心筋微小循環改善効果は、心内膜下拡張能を事前に評価することによって推測できることを報告した。
 
 対象は、肥大型心筋症患者21例で、全例にバルサルタン40mg/日を12週間投与した。治療開始前後の心筋灌流(心筋血流量)は心筋コントラストエコーにて、心内膜下拡張能はstrain rate imaging(拡張期peak strain rate:SR-diaおよび拡張期差室弛緩遅延:T-dia)にて評価した。20例のボランティアをコントロール群として比較した。

 結果は、治療前の心筋血流およびSR-diaはコントロール群に比して有意に減少、T-diaは有意に上昇していた(p<0.05)。バルサルタン治療12週後、心筋血流がコントロール群のレベルまで上昇したものは12例だった。この改善した12例と改善しなかった9例におけるベースラインの特徴を検討した結果、改善しなかった9例でのT-diaは有意に高値を、SR-diaは有意に低値を示していた。つまり、心内膜下拡張機能が維持されている群で、バルサルタンによる心筋微小循環の改善効果が認められたと考えることができる。

 以上の結果より、藤本氏は、肥大型心筋症患者におけるARBの心筋血流改善効果は投与前に心内膜下拡張機能の評価することで、推測することができるのではないかとした。(中野哲史、医学ライター)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1