2006.03.27

肥大型心筋症患者におけるバルサルタンによる心筋微小循環改善効果を、心内膜下拡張機能によって推測

 無症状の肥大型心筋症、高血圧性心肥大では冠動脈病変は存在しないが、しばしば心筋微小循環が障害されていることが知られている。このたび、奈良県立医科大学総合医療病態検査学の藤本眞一氏らは、バルサルタンによる肥大型心筋症患者の心筋微小循環改善効果は、心内膜下拡張能を事前に評価することによって推測できることを報告した。
 
 対象は、肥大型心筋症患者21例で、全例にバルサルタン40mg/日を12週間投与した。治療開始前後の心筋灌流(心筋血流量)は心筋コントラストエコーにて、心内膜下拡張能はstrain rate imaging(拡張期peak strain rate:SR-diaおよび拡張期差室弛緩遅延:T-dia)にて評価した。20例のボランティアをコントロール群として比較した。

 結果は、治療前の心筋血流およびSR-diaはコントロール群に比して有意に減少、T-diaは有意に上昇していた(p<0.05)。バルサルタン治療12週後、心筋血流がコントロール群のレベルまで上昇したものは12例だった。この改善した12例と改善しなかった9例におけるベースラインの特徴を検討した結果、改善しなかった9例でのT-diaは有意に高値を、SR-diaは有意に低値を示していた。つまり、心内膜下拡張機能が維持されている群で、バルサルタンによる心筋微小循環の改善効果が認められたと考えることができる。

 以上の結果より、藤本氏は、肥大型心筋症患者におけるARBの心筋血流改善効果は投与前に心内膜下拡張機能の評価することで、推測することができるのではないかとした。(中野哲史、医学ライター)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0