2006.03.27

ペリオスチンの発現抑制によるMI後の心保護効果が示唆されるバルサルタン

 ペリオスチンは骨分化に影響するたんぱく質として知られているが、大阪大学臨床遺伝子治療学の家串和真氏らは、左心室におけるペリオスチンの過剰発現が心拡大と心機能低下を惹起し、培養系では細胞の接着や伸展を抑制することを認めている。ペリオスチンは細胞間の接着を強力に阻害することにより、細胞間にslippageを惹起し、心臓のリモデリングを誘導すると考えられる。また、バルサルタンはVALIANT試験により急性心筋梗塞後(AMI)の心保護作用が明らかにされているが、ペリオスチンとの関与については不明である。家串氏らは心筋梗塞後(MI)のバルサルタン投与による心保護効果について検討し、同薬によるペリオスチン発現抑制がMI後の心保護効果に関与しているのではないかと述べた。

 同氏らは、培養心筋細胞と線維芽細胞にAIIと機械的伸展刺激を負荷し、ペリオスチンのmRNAの発現について検討した。その後バルサルタンを投与し、同様の刺激を負荷して同薬のペリオスチンの発現抑制効果を検討した。心筋細胞および線維芽細胞において48時間・10-6MのAII刺激を負荷した結果、ペリオスチンの発現はコントロール群に比べ有意に多く認められた。また、バルサルタンはこのAII刺激によるペリオスチンの発現をほぼ完全に抑制した。一方、機械的伸展刺激による発現は部分的にしか抑制されなかった。

 次に、signaling kinase阻害薬を投与し、AII刺激によるペリオスチン発現の細胞内シグナルの検討を行った。その結果、AII刺激により心筋細胞ではPI3KおよびJNK経路、線維芽細胞ではPI3K、JNKおよびP38の経路を介して、ペリオスチンの発現が上昇することが認められた。

 さらに、ラットAMIモデルにおける検討では、ペリオスチンは非梗塞部に比べ梗塞部で有意に発現が上昇していた。また、血圧を低下させない程度のバルサルタンの少量投与(5mg/kg/日)によりAMI後の心拡大および心機能低下が改善され、ペリオスチンの発現が抑制することが認められた。

 以上より家串氏は、バルサルタンのペリオスチン発現抑制効果が、MI後の心保護効果に関与している可能性が示唆されたとした。(中野哲史、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335